« ホンダが復活 | トップページ | IoTはトワイライト »

2016年11月 2日 (水)

住宅建設が持ち直し。

人口減少や空き家問題で先行き明るいとはいえないが、まだまだ需要はありそう。

http://www.nikkei.com/article/DGXLASFL31HHA_R31C16A0000000/

国土交通省が31日発表した建築着工統計調査によると、9月の新設住宅着工戸数は前年同月比10.0%増の8万5622戸だった。
低金利が続くなか、住宅を取得する動きが続いた。相続税対策として貸家を建てる動きも続いた。季節調整済み(年率換算)ベースでは、前の月に比べて3.0%増えた。

 持ち家は1.4%増の2万5573戸と8カ月連続で前年実績を上回った。貸家も12.6%増の3万8400戸と11カ月連続で増加した。
 一方、分譲住宅は17.0%増の2万1339戸と2カ月ぶりに増加。分譲マンションは昨年の反動で23.0%増えた。一戸建て住宅も12.1%増えた。
 同時に発表した2016年上半期(4~9月期)の新設住宅着工戸数は前年同期比6.0%増の50万151戸だった。
4~9月期としては2年連続で増加した。貸家が11.1%増と全体をけん引した。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

|

« ホンダが復活 | トップページ | IoTはトワイライト »

天下の情勢」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。