« 投資なきところに利益なし | トップページ | ルンバの国内販売台数、200万台 »

2016年11月19日 (土)

続ラズパイ

ラズベリーパイのネーミングは知っていたが、こんなに流行るとは思わなかった。さっそく立ち上げてみたが、一般的なPCとくらべたらハードルは高い。

 OSは自分ダウンロードして自分でインストール。もともとは子供のコンピユータ教育用に開発されたものだというが、その割には難しい。GPIOが珍しいらしいが、それならPLCやPICで十分。はるかに簡単で実用性がある。

やっぱりミニミニコンピュータなんで、画像を出したい。標準はパイソンだが画像対応は弱いよう。動画再生アプリが入っていて一応再生できた。心配だった画質が、まあ、まあ。大画面は無理だが小画面なら十分実用になる。HDMI対応。

外部接続もGPIOのほかにUART,I2C,SPIが使える。やってみてはいないがWINDOWSも使えるらしい。パソコンでは大げさになってしまうシステムがコンパクトに組めそう。ただ、簡単かというとそうでもない。ビジュアルスタジオのニュニバーサルWINDOWSは仮想マシンでないと走らない。WIN10プロか。

期待外れだったのが、シャットダウン処理。ハードディスクを使ってなく、SDカードからブートするタイプ。それでもシャットダウン処理をしないと、いきなり電源は切れない。電源OFF時はUPSを使うしかないようだが、電源は5V2A 一分間。ニッケル水素単三4本で十分だ。これはいまのところ作るしかないか。

|

« 投資なきところに利益なし | トップページ | ルンバの国内販売台数、200万台 »

オリジナル基板」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。