« トランプショック パイオニアが暴落 | トップページ | 電通って嫌われてるんじゃないの? »

2016年11月13日 (日)

IoTとは”Internet of Things”

カーナビをネットワークで繋いで各車をセンサーに見立てて、リアルタイムの情報を得るといったシステムがあるらしいが。

先進国では従来品の普及が進んで、技術革新がないとモノが売れなくなった。イロイロ考えるもんです。もうやってるかもしれないが、自動販売機の在庫状況を集計するとか、水道管の漏水状況をモニタするとか、データがあれば事前に手が打てそうなものが結構ある。

http://japanese.engadget.com/2016/11/11/100bps/

通信速度は100bps、免許不要の960MHz帯を使った広域ネットワーク「SIGFOX」(シグフォックス)が日本でもスタートします。
京セラ子会社の京セラコミュニケーションシステムが仏SIGFOX社と提携し、
国内唯一のネットワークオペレーターとして展開。2018年3月までに政令指定都市を含む主要都市のエリア化を目指します。

どうやってモノをインターネットに繋げるかSIGFOX(シグフォックス)は、フランスのSIGFOX社が展開するIoT専用の無線ネットワークです。
2020年までに500億を超えるIoTデバイスの普及が予測されるなか、IoT普及のネックになるのが「どうやってモノをインターネットに繋げるか」であると黒瀬 善仁氏(京セラコミュニケーションシステム 代表取締役社長)は言います。

日本では高速通信が可能な3G・LTEネットワークが全国に張り巡らされていますが、それをIoTで使うには「コストが高い」とも黒瀬社長は指摘。また、IoTの通信は、水位や温度といった少ないデータを送るニーズが大半を占めるともいいます。そこでIoT通信に最適化したネットワークとして登場したのがSIGFOXです。

1回線は年額100円前後、海外でも通信可能SIGFOXの特徴は「低価格」「省電力」「長距離伝送」の3つです。周波数帯は免許不要の920MHz帯を使い、
最大伝送距離は数十キロに達します。また省電力という点では、電池で約5年間のデバイス運用が可能であり、定期的な充電が不要になり屋外の利用に向くとの説明です。

価格は、黒瀬社長によれば「1日の通信回数が2回以下の場合、1回線が年額で100円前後で使えるようになる」とのこと。
費用の問題からこれまでネットワークに繋げられなかったモノも繋げられるようになると説明します。

なお競合となるIoTネットワークとしては、NB-IoTやLoRaWANがあります。それらに比べた長所について黒瀬社長は、海外でも同一のネットワークを展開している点を挙げます。
SIGFOXは欧州や北米を中心に世界24か国で展開しており、2018年までに世界60か国に拡大予定。
SIGFOXの1つのIDで、日本でも海外でも同じように通信ができることを売りにしています。

SIGFOXへの参入を発表する記者会見に登壇した京セラ コミュニケーションシステムの黒瀬社長は「身の回りの動きをデータとして捉え、社会全体に蓄積し将来に活かすためには、ビッグデータを安価に集める手段が欠かせない」と述べ、SIGFOXを展開する意義を説明しました

|

« トランプショック パイオニアが暴落 | トップページ | 電通って嫌われてるんじゃないの? »

天下の情勢」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。