« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月30日 (水)

トヨタロボットはKIROBO

ずいぶん出てるんだね。ロボットは難しくて手に負えねくなった。ブームが続くかのうかは疑問

http://news.infoseek.co.jp/feature/robot/

座高10cmの愛らしいキロボ・ミニは、話しかけた人の方向に顔を向け、顔や手などを動かしながら雑談のような何気ない会話を交わせる話し相手となることができる。手のひらに載るほどの小型サイズのため、長距離ドライブには最適なパートナーとなるだろう。内蔵カメラで話し手の顔の表情を認識し、会話に合わせてトーンやジェスチャーを変えるという。

| | コメント (0)

2016年11月29日 (火)

マンション販売は苦戦か

空き家、人口減少を考えると、なかなか厳しい。オリンピック後は大不況に陥りそう。管理組合としては、そのころを狙って大規模改修を予定しているが当たりますか。

http://1manken.hatenablog.com/entry/2016/10/17/173000

発売戸数・発売単価・販売在庫の推移(首都圏)

発売単価は、これまで上下動を繰り返しながら上昇トレンドにあったが、3か月連続で下落。
6か月連続で80万円超えであった発売単価は、2か月連続で80万円切り。
販売在庫は上昇傾向。
供給戸数が減少しているのに、在庫が積み上がる。すなわち「新築マンションが売れていない」状況に突入している。

f:id:flats:20161017161253p:plain

 

発売戸数の推移(1都3県)

23区に着目すると、9月の発売戸数1,273戸は、前年同月比で10.0%の増。

f:id:flats:20161017162538p:plain

 

m2単価の推移(1都3県)

23区の発売単価は、15年7月(119.9万円)にピークを記録したあと、上下動を繰り返えしながら、下降トレンドに入り始めている。

f:id:flats:20161017161400p:plain

 

まとめ

不動産経済研究所の文章には景気のいい単語が並んでいたが、グラフで見るとそうでもなさそうだ。

  • 首都圏では、供給戸数が減少しているのに、在庫が積み上がる。すなわち「新築マンションが売れていない」状況に突入している。
  • 23区の9月の発売戸数は、前年同月比10%増。
  • 23区の発売単価は、15年7月(119.9万円)にピークを記録したあと、上下動を繰り返えしながら、低下トレンドに入り始めている。

あわせて読みたい

(本日、マンション広告なし)

42日前

      

| | コメント (0)

2016年11月28日 (月)

今度はアナコンダ???

python向けパッケージ。もうなんでもありだね。

http://pythondatascience.plavox.info/python%E3%81%AE%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%AB/python%E3%81%AE%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%AB-windows/

日の丸はイチゴジャム

http://ichigojam.net/

もう、情けない。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

ダイフクモチ、ヤマタノオロチはまだなのか?

| | コメント (0)

2016年11月27日 (日)

日産ノートが売れている

e-POWERってかなり斬新(古典的?)だと思うが、それにしてはライバル車と性能が変わらない?

http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1031594.html
http://car.watch.impress.co.jp/img/car/docs/1031/594/01.jpg

 日産自動車は11月24日、新型「ノート」が発売後約3週間にあたる11月23日時点で2万348台を受注したと発表した。
この数値は月販目標台数(1万台)の2倍以上にあたる。
 日産は11月2日にノートの一部改良を実施。内外装のデザインを変更するとともに、自然給気仕様のHR12DEエンジンを発電専用に搭載し、EV(電気自動車)「リーフ」の開発で培われた「e-パワートレーン」のインバーターとモーターを流用して前輪を駆動する「e-POWER」グレードを新たに設定したのが新しい。
 今回の発表内容を見ると、その「e-POWER」グレードが受注台数をけん引しており、「e-POWER X」「e-POWER MEDALIST」で受注全体の78%を占めた。オプションではアラウンドビューモニターや踏み間違い衝突防止アシスト、スマートルームミラーといった先進安全装備セットの装着が約70%となっていることが報告されている。

 この結果を受け、同社は「新感覚の走行モード『e-POWER Drive』は、アクセルペダルの踏み戻しだけで加速から減速までを意のままに行なうことができるワンペダルの運転を楽しむことが可能で、多くのお客さまの支持を得ています」「販売会社にいらしたお客さまは、試乗を通じて『e-POWER』の魅力を感じ受注してくださる方が多く、『ノート』購入の約8割が『e-POWER』を選択されています。これは、当社の電動化技術の魅力が高い評価を得ていることを物語っています」とコメントを発表している。

| | コメント (0)

2016年11月26日 (土)

iPhoneが落ち目らしい

androidは無料アプリの量が圧倒的に多い。タブレットは持ってるけど、未だガラケーだよ。電池がすぐなくなるのがいや。

>中国市場での販売不振だと指摘。

中国に売るのはちょっと無理という気も・・・・

http://www.emsodm.com/html/vip/temp/2016/11/25/1480043367433.html

投資情報の米『Barron's』は2016年11月23日付で、米Rosenblatt Securitiesのアナリスト張軍氏が最新レポートで、米アップル(Apple)が恐らくスマートフォン「iPhone」用部品の17年第1四半期発注を予定より削減するとし、発注規模は16年第4四半期に比べ45%減少するとの見方を示したと報じた。

Rosenblatt Securitiesの張氏は、アップルの新型スマートフォン「iPhone 7」のサプライチェーンでは、発注が削減されたことを認めており、原因は中国市場での販売不振だと指摘。これを受けアップルではiPhone用部品発注の見直しに着手しており、17年第1四半期の発注を当初予定の4500万~4600万セットから、4000万~4300万セットに減らす見込みだとした。

サプライチェーンの受ける影響について張氏は、台湾TSMC(台積電)のAP(アプリケーションプロセッサ)「A10」の受注が、アップルの発注削減により、前期比40%減少する恐れがあるとしている。

*無料WiFiに自動接続

http://www.sparepoket.com/entry/2016/06/28/235618

| | コメント (0)

2016年11月25日 (金)

日本の過剰労働は、「お客様」の暴走が原因だ

電通過労死を受けて議論沸騰。ワタミは店名をすべて変更するらしい。虎の子の介護事業も売ってしまった。

問題は過剰なサービスが生産性を極端に落としてしまうことだろう。利益が出ないから、従業員の待遇も悪く、人があつまらず、投資もできない(あるいはしない)。その場の保身が結果として競争力を削いでしまう。多くの分野で持続可能かどうかも疑わしい焼き畑農業。

経営としては、バランス感覚が重要な分野か。

http://toyokeizai.net/articles/-/145385?page=3

雨宮 紫苑

>「ブラック客」の目を覚まさせるためのいちばん有効な手は、サービス提供者がノーをたたきつけることだろう。欧米では、過剰なサービスを要求する客を、「客ではない」と店が拒否する。

ヨーロッパ旅行をしたとき、日曜日に店がすべて閉まっていて驚いた、という経験をお持ちの方も多いのではないだろうか。筆者が住むドイツでは、閉店法という法律により、店の営業時間が規制されている。キリスト教では日曜日が安息日と定められているので、「日曜、祝日は閉店」が基本だ。また、労働者の休息時間を守り、小売店の営業時間延長による競争を阻止するため、「月曜日から土曜日までの小売店の営業時間は、6時から20時」という決まりが守られていた。

ただ、2006年には、閉店法の権限が国から州に移り、その後は各州で規制緩和が続いた。現在は16の州のうち、9つの州が月曜から土曜、3つの州が月曜から金曜の24時間営業を認め、14の州が年4回、またはそれ以上の日曜日の営業を認めた。しかし、法律改正後、ドイツ人は喜んで、店の営業時間を長くしたかというと、そうではない。今でも多くの店で、24時間営業や日曜営業は行っていない。フランクフルト中央駅には、スーパーとパン屋が合計17店舗入っているが、24時間営業しているのは、2軒のパン屋だけだ。

| | コメント (0)

パナソニックも自動運転

1kmなら歩けよ、ってきもするけど?

http://newswitch.jp/p/6907
http://c01.newswitch.jp/index/ver2/?url=http%3A%2F%2Fnewswitch.jp%2Fimg%2Fupload%2Fphpkz4u0X_5835ce78e7197.jpg

パナソニックは2020年にも、スマートタウンなど限定エリア内の移動手段向けに完全自動運転の超小型電気自動車(EV)を製品化する。自動車メーカー向けに開発する自動運転システムを応用し、市街地の一定エリアや商業施設敷地内などで区間往復する人や荷物の運送サービス事業など向けを想定する。自動車メーカーと競合しない1キロ―2キロメートル程度の移動手段を狙う。

 システム開発では車載カメラや強みの画像処理技術、人工知能(AI)のディープラーニング(深層学習)などを用いて自動運転する小型試験車を複数台、製作した。時速40キロメートル以下の走行をメーンとする。

 すでに自社のテストコース(横浜市都筑区)で試験走行を始めた。16年度内には公道に近い環境がある本社・西門真地区(大阪府門真市)で実験に入り、17年度中の公道試験も計画する。

 自動車や大手部品メーカーは高速域の自動運転実現に向け、前方検知へ特に注力する。
一方、同社は前方に加え、側面や後方検知を重視した中低速域に有用な技術も重視。渋滞時や人で混雑する場所でも安全を確保しつつ走行できるようにする。

| | コメント (0)

2016年11月24日 (木)

電通が料金架空請求で揺れているらしい。

内部告発なんでしょうな。ネットの時代、隠しようがない。ノルマに追われてということなんでしょうが、電通の信用台無し。これじゃクライアントも評判を悪くするために広告費を使ってるようなもんだ。

時代は変わってますよ。

http://lite-ra.com/2016/10/post-2594.html

 9月23日に電通が記者会見で公表した、ネット広告の不正問題。クライアントに対して電通は広告料の過剰請求や実績レポートの虚偽報告などを行っていたとし、現時点でこうした不正が疑われている取引は広告主111社にものぼる633件、取引総額は約2億3000万円。さらに広告掲載をしていないのに請求を行っていた取引は14件、約320万円分あったという。

 過剰請求のみならず架空請求まで行っていたとはかなり悪質な問題だが、会見には社長は出席せず。しかも、電通は当初、文書で「複数の不適切業務が行われていた」と表現。会見でこの点を追及されると、電通側は「不適切という表現をしていますが、まあ、不正と読み替えていただいても結構です」などとふてぶてしくも述べた。

| | コメント (0)

2016年11月20日 (日)

ルンバの国内販売台数、200万台

しかし、日の丸、ウォークマン、ファミコン、カラオケなんにも無くなったな。ポケモンGOぐらいか、ヒットしたのは。これだって技術開発はアメリカ。

http://www.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/1611/18/news150.html

iRobotの日本総代理店を務めるセールス・オンデマンドは11月18日、
ロボット掃除機「ルンバ」が2016年10月末時点で国内累計販売台数200万台を突破したことを明らかにした。

同社がルンバの取り扱いを開始したのは2004年。ロボット掃除機という新しい製品カテゴリーを確立し、
発売以来シェアトップを維持してきた。累計100万台を突破したのは2013年で、スタートから9年かかったが、その後は3年間で同じ台数を販売したことになる。「ロボットに掃除を任せるという新しいスタイルが受け入れられ、定着しつつあることの象徴と感じています」(セールス・オンデマンドの室崎肇社長)

 セールス・オンデマンドでは、累計200万台突破を記念して「大感謝祭」を実施する。期間中に対象製品を購入し、ユーザー登録を行うとフィルターなどの消耗品をもれなくプレゼントする。対象期間は11月25日から2017年1月29日(ユーザー登録は2017年2月12日まで)。
なお、プレゼントは2017年3月以降に順次発送する予定だ。

| | コメント (0)

2016年11月19日 (土)

続ラズパイ

ラズベリーパイのネーミングは知っていたが、こんなに流行るとは思わなかった。さっそく立ち上げてみたが、一般的なPCとくらべたらハードルは高い。

 OSは自分ダウンロードして自分でインストール。もともとは子供のコンピユータ教育用に開発されたものだというが、その割には難しい。GPIOが珍しいらしいが、それならPLCやPICで十分。はるかに簡単で実用性がある。

やっぱりミニミニコンピュータなんで、画像を出したい。標準はパイソンだが画像対応は弱いよう。動画再生アプリが入っていて一応再生できた。心配だった画質が、まあ、まあ。大画面は無理だが小画面なら十分実用になる。HDMI対応。

外部接続もGPIOのほかにUART,I2C,SPIが使える。やってみてはいないがWINDOWSも使えるらしい。パソコンでは大げさになってしまうシステムがコンパクトに組めそう。ただ、簡単かというとそうでもない。ビジュアルスタジオのニュニバーサルWINDOWSは仮想マシンでないと走らない。WIN10プロか。

期待外れだったのが、シャットダウン処理。ハードディスクを使ってなく、SDカードからブートするタイプ。それでもシャットダウン処理をしないと、いきなり電源は切れない。電源OFF時はUPSを使うしかないようだが、電源は5V2A 一分間。ニッケル水素単三4本で十分だ。これはいまのところ作るしかないか。

| | コメント (0)

2016年11月18日 (金)

投資なきところに利益なし

Img_0063

続きを読む "投資なきところに利益なし"

| | コメント (0)

2016年11月17日 (木)

バブルは又弾けるのか?

1980台後半のバブルも円高対策の為に金融緩和。ただ、この時と違うのは、バブルはいつか弾けると誰もが気づいていること。人口減少が進行するなかで、そうそう不動産需要だけが増大するわけがない。東京が世界の中心になるという見込みもない。

 駆け込み、逃げ切り、誰がババを引くかというゲームか。「大洪水よ、わが亡き後に来たれ」。

http://jp.reuters.com/article/boj-reit-idJPKBN13B0I2

[東京 16日 ロイター] - 日銀が16日公表した貸出先別貸出金・統計によると、ことし4月から9月の国内金融機関による不動産業向け新規融資は5兆8943億円と前年比16%増加した。
年度の上期としては、バブル期の1989年度上期(5兆円強)を超え、過去最高の水準となった。

新規融資の総額は前年比16%増の23兆9413円だった。ことし2月のマイナス金利導入など日銀による大規模緩和を背景とした低金利環境で、アパート向け融資や不動産投資信託(REIT)向けなど不動産業向けが伸び、金融機関の貸出を押し上げている。

不動産向け融資について日銀は「過熱方向と、供給過剰による調整方向と両方の動きがある」(幹部)として注視している。10月に公表した金融システムリポートでも、大都市圏の一部で「投資利回りが低水準となる高値取引がみられる」、「REIT(不動産投資信託)等の物件取得が地方圏に広がる動きがみられている」と指摘している。

| | コメント (0)

2016年11月16日 (水)

MaBeeeって??

どうも電池に内蔵したコントローラをスマホのアプリでコントロールするものみたいです。そのまま、おもちゃに入れられる。原理的にon/offとpwmしかできそうにないが。

小学校からプログラミング教育をやるってもしかして本気かも?

http://mabeee.mobi/support/

| | コメント (0)

2016年11月15日 (火)

英語 下剋上はもう始まっている。

国内市場が縮小するなか海外に活路を求めればどうしても英語。新幹線の売り子さんなんか平気で英語でやり取りしてるもんね。なんとか逃げ切ったか(苦笑)

http://diamond.jp/articles/-/106189

 さて、マイボイスコム株式会社が行った英語教育に関する調査では、「あなたは、英語力の必要性についてどのように感じますか」という質問に対し、「必要性を感じる」「やや感じる」と回答した人がそれぞれ30.4%、29.3%。10代から50代以上まで、幅広い年齢層に対して行った調査だが、10代においては「必要性を感じる」と答えた人は4割を超えている。その一方で、20代~40代の男性では、必要性を感じる人が5割前後と他の層よりも低くなっている。

 楽天やファーストリテイリングが社内公用語を英語にすると発表したのが、2012年のこと。その後も、いくつかの大企業が英語の社内公用語化や、社員に英語の試験を課すことを発表している。そんなニュースを聞いて育っていれば、「英語の勉強しないと就職できないんじゃね」と焦る人も増えることだろう。逆に20代~40代の男性は「うちの会社はこれからも英語使わないよ」と安心していそうだ。カスカスの英語力しかない私が言うのも何だが、ほんとに大丈夫?

| | コメント (0)

2016年11月14日 (月)

今度はイチゴジャム????

1500円で買えるパソコン。ベーシックが使えるらしい??

http://ichigojam.net/

| | コメント (0)

2016年11月13日 (日)

電通って嫌われてるんじゃないの?

電通は高給取りのブローカーだが、クライアントは必ずしもそうじゃない。ネットとはいえこうまで叩かれていると、考えざるを得ないところがある。

多くの企業が海外展開する今、」電通の時代は終わったのかも。

http://mainichi.jp/articles/20161025/k00/00m/040/112000c

 広告代理店最大手・電通は24日、新入社員、高橋まつりさん(当時24歳)の過労自殺を受けた残業抑制策として、午後10時に社内全館を一斉消灯した。25日以降も午後10時~翌日午前5時、毎日消灯する。

 関西(大阪市)▽京都(京都市)▽中部(名古屋市)--各支社でも実施した。これまでも夜間に一斉消灯していたが、
残業を続ける社員が職場の照明をつけていた。今回、午後10時以降再点灯できないようビルのシステムを変更した。
 48階建ての本社ビル(東京都港区)は午後10時、レストラン街などを除く1~45階の照明が消えた。
事前に「速やかに業務を終了して退館する」よう指示が出ていて、午後10時を待たずに帰宅する社員も多かった
。電通広報部は「(仕事を自宅に持ち帰る)風呂敷残業が増えないよう注意喚起したい」としている。
 また、電通は労使協定で最長70時間に定めていた月間の時間外労働時間の上限を、11月から5時間引き下げて65時間にする。【早川健人】

| | コメント (0)

IoTとは”Internet of Things”

カーナビをネットワークで繋いで各車をセンサーに見立てて、リアルタイムの情報を得るといったシステムがあるらしいが。

先進国では従来品の普及が進んで、技術革新がないとモノが売れなくなった。イロイロ考えるもんです。もうやってるかもしれないが、自動販売機の在庫状況を集計するとか、水道管の漏水状況をモニタするとか、データがあれば事前に手が打てそうなものが結構ある。

http://japanese.engadget.com/2016/11/11/100bps/

通信速度は100bps、免許不要の960MHz帯を使った広域ネットワーク「SIGFOX」(シグフォックス)が日本でもスタートします。
京セラ子会社の京セラコミュニケーションシステムが仏SIGFOX社と提携し、
国内唯一のネットワークオペレーターとして展開。2018年3月までに政令指定都市を含む主要都市のエリア化を目指します。

どうやってモノをインターネットに繋げるかSIGFOX(シグフォックス)は、フランスのSIGFOX社が展開するIoT専用の無線ネットワークです。
2020年までに500億を超えるIoTデバイスの普及が予測されるなか、IoT普及のネックになるのが「どうやってモノをインターネットに繋げるか」であると黒瀬 善仁氏(京セラコミュニケーションシステム 代表取締役社長)は言います。

日本では高速通信が可能な3G・LTEネットワークが全国に張り巡らされていますが、それをIoTで使うには「コストが高い」とも黒瀬社長は指摘。また、IoTの通信は、水位や温度といった少ないデータを送るニーズが大半を占めるともいいます。そこでIoT通信に最適化したネットワークとして登場したのがSIGFOXです。

1回線は年額100円前後、海外でも通信可能SIGFOXの特徴は「低価格」「省電力」「長距離伝送」の3つです。周波数帯は免許不要の920MHz帯を使い、
最大伝送距離は数十キロに達します。また省電力という点では、電池で約5年間のデバイス運用が可能であり、定期的な充電が不要になり屋外の利用に向くとの説明です。

価格は、黒瀬社長によれば「1日の通信回数が2回以下の場合、1回線が年額で100円前後で使えるようになる」とのこと。
費用の問題からこれまでネットワークに繋げられなかったモノも繋げられるようになると説明します。

なお競合となるIoTネットワークとしては、NB-IoTやLoRaWANがあります。それらに比べた長所について黒瀬社長は、海外でも同一のネットワークを展開している点を挙げます。
SIGFOXは欧州や北米を中心に世界24か国で展開しており、2018年までに世界60か国に拡大予定。
SIGFOXの1つのIDで、日本でも海外でも同じように通信ができることを売りにしています。

SIGFOXへの参入を発表する記者会見に登壇した京セラ コミュニケーションシステムの黒瀬社長は「身の回りの動きをデータとして捉え、社会全体に蓄積し将来に活かすためには、ビッグデータを安価に集める手段が欠かせない」と述べ、SIGFOXを展開する意義を説明しました

| | コメント (0)

2016年11月12日 (土)

トランプショック パイオニアが暴落

パイオニアさんにはLDのころからお世話になった。近年ならV730、V8000か。
AVからは撤退しカーナビ、カーオーディオに特化。新興国向けが好調で業績はお天気マークだった。来年から新設したメキシコ工場が本格稼働。これか、トランプショックは。

映像はブライトサイン全盛だもんね。日の丸全滅(泣)

| | コメント (0)

2016年11月11日 (金)

なぜ日本人はやりがいもないのに長時間労働で低賃金な仕事を我慢するのか

電通の過労死を受けて、労働問題を扱った記事が増えています。ただ、これまでと違うのは労働組合的な視点からの時短ではなく、諸外国との比較で日本の労働生産性が恐ろしく低いという危機感からでしょう。かって日本の工場、ブルーカラーの生産性だけは世界のトップクラスだった。人手不足で機械化、省力化が進んだ結果でしょう。これが円高で空洞化した。

結果、人手が余ってしまい中途半端に効率を上げると失業者が増えてしまうということもあったのでしょう、労働生産性についてはあまり言及されなかった。ところが、ここにきて、たいがいの分野で人手不足にいたることになった。無論、少子化がその最大の原因なんでしょう。

人を集めるためには待遇を良くしなければならない。給料を上げるためには生産性を上げなければならない、と完全に潮目が変わったんでしょうね。

城 繁幸

http://agora-web.jp/archives/2022579-2.html

今週のメルマガの前半部の紹介です。先日、こんな国際比較が話題となりました。

日本のソフト技術者、労働時間は最も長く、やりがいは最下位 国際比較

まとめると「日本人労働者は相対的に労働時間が長く、賃金は低く、仕事にやりがいを感じていない」ということです。ソフトエンジニアに限らず、国際的に見た日本人の長時間労働や低生産性、仕事嫌いは割と有名な話ですが、こうして全部並べて比較されるとなかなか壮観です。

普通、仕事はきついけど高賃金とかやりがいはあるとか、なにかしら一つくらい売りがあるものですけど、全部負けてるってある意味で凄いですね。なんだか昔の共産圏みたいです。

なぜ、日本の労働環境は長所が一つもないんでしょうか。そして、現状の枠組みの中でそれらを改善する余地はないのでしょうか。キャリアを考える上で非常に重要なポイントなので、まとめておきましょう。

| | コメント (0)

トランプショック

トランプ当選で、日経平均が円・ドルが101円台、1000円暴落(出来高は少ない)。昨日は円ドルが105円台の半ば、日経平均は1000円ほど高騰。今日の朝、円ドルは106円台半ば。結局、元に戻ったわけだが、選挙前は104円台半ばだったから、どちらかといえば円安に振れた。

ニュースによれば、円高傾向で減益になったトヨタは下請けにコストダウンを要請したらしい。

しかし、こんなの事前に読めれば大儲けだね。もっとも、そんな才覚がないから貧乏してるわけだが・・・・(泣)

| | コメント (0)

2016年11月10日 (木)

アルマジオって何?

リナックス仕様の組み込みPC。最近のネーミングはムチャクチャだね。ラズベリーパイもそうだけど。トワイライトなんてマシな方。アンドロイドからじゃないの?
 なんだったか忘れたがガラパゴスっていう製品があったな。全く売れなかったらしいけど。

http://armadillo.atmark-techno.com/products

| | コメント (0)

2016年11月 9日 (水)

キーエンスの3Dプリンター

詳しくはカタログをご覧ください。

http://www.keyence.co.jp/marking/req/3dprinter/cp/c1/1106cxfl/?utm_source=keyence&utm_medium=email&utm_campaign=pm&motive=PM

| | コメント (0)

投資なきところに利益はない

無謀な投資で傾いた会社も少なくないが、投資してる会社はやはり前向き。
やる気を感じる。

投資に後ろ向きな会社って、会社を続ける意思があるのかどうかもわからない。設備投資、開発投資、教育投資、まさに経営、会社の士気そのものだ。

お客さんって、こういうところを見てるんだよな。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161108/k10010760241000.html

大手電機メーカーの「東芝」は、スマートフォン用などで需要の拡大が見込まれる最先端の記憶用の半導体を増産するため、三重県四日市市にある工場内に新たな製造棟を建設すると発表しました東芝が四日市工場の敷地内に新たに建設するのは、「3次元フラッシュメモリ」と呼ばれる最先端の記憶用の半導体を生産する「第6製造棟」です。新しい製造棟は、5階建てで、
およそ800億円をかけて来年2月に着工する予定です。工事は2期にわけて行われ、1期目の稼働時期は再来年夏を予定しています。
3次元フラッシュメモリは、単位面積当たりの容量を従来の1.4倍に高めてより多くのデータを記録することができるのが特徴で、高性能化が進むスマートフォンや企業のデータセンターなどで需要の拡大を見込んでいます。
東芝は、韓国など海外メーカーに対抗するため、今後3年間で8600億円を投資して半導体事業の強化を進める方針で、今回の製造棟の建設もこの一環となります

>東芝は8日、2017年3月期連結決算の業績予想を上方修正し、
純利益が従来予想を450億円上回る1450億円になる見通しだと発表した。
需要や製品の価格が想定を上回っている半導体事業がけん引した。

 売上高は従来予想より3千億円多い5兆4千億円とした。
本業のもうけを示す営業利益も1200億円を1800億円に引き上げた。

 半導体事業は、スマートフォンの記憶媒体に使われる「フラッシュメモリー」が好調で、増益分の大半を稼ぐ。
一方で、他社との統合が白紙となったパソコンやテレビに関連する事業では営業赤字が続くとした。

http://this.kiji.is/168717481500624381?c=110564226228225532

| | コメント (0)

2016年11月 8日 (火)

トヨタがEVに本腰

田舎ではガソリンスタンドが潰れている。夜中、家庭用電源で充電して翌日使う。そう遠くにはいかない、下駄替わり。軽トラEVいいかも。そうなるとガソリンスタンドは益々潰れるな。

http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ05H4U_W6A101C1MM8000/

トヨタ自動車が2020年までに電気自動車(EV)の量産体制を整え、EV市場に本格参入する方向で検討に入った。世界各地で自動車への環境規制が強まっているため。これまでエコカー戦略の中核としてきたハイブリッド車(HV)と燃料電池車(FCV)に続き、EVも主要製品として品ぞろえに加える。

 EVの企画や開発を手掛ける社内組織を17年初めにも新設する。グループ企業の協力を得て早期の生産開始をめざす。

| | コメント (0)

2016年11月 7日 (月)

これはひどい、東京ディザインウィーク火災

ILの投光器を上向きにしておが屑かければ燃えるよ。LED、低圧で行きましょう。アートはコワイ

http://hosyusokuhou.jp/archives/48775426.html

| | コメント (0)

2016年11月 6日 (日)

神宮外苑で火災、1人死亡

結構思いつきでムチャやってますからねぇ。

>神宮外苑で火災、1人死亡=イベント展示物燃え―東京・新宿 

時事通信 / 2016年11月6日 18時30分

6日午後5時20分ごろ、東京都新宿区霞ケ丘町の「明治神宮外苑」にある野球場で開催されていたイベントで展示物が燃える火災があった。東京消防庁によると、1人が死亡、2人がけがをしているという。死亡したのは5歳の男児とみられる。けがをしたのはいずれも40代の男性で、意識はあるもよう。[時事通信社]

| | コメント (0)

電通が揺れています。

 どう見てもガラパゴス。まさに”今時?”です。広告はなんやかやと評判をよくする為に行うもの。「モノを売るんじゃない。物語を売るんだ」なんて時代じゃないな。無論、生活提案は必要だろうが、それが過労死じゃ頭を抱えるしかない。

http://news.infoseek.co.jp/topics/cyzo_20161105_892991

>広告代理店の最大手・電通で昨年12月、24歳の女性社員が過労自殺したことについて、同社内では社員に本件に関する話を外部にしないようかん口令を敷いているという話だ。別の大手・博報堂の元営業マンで『電通と原発報道──巨大広告主と大手広告代理店によるメディア支配のしくみ』(亜紀書房)など、業界を掘り下げた著書で知られる作家の本間龍氏も「私も電通内でかん口令が敷かれているのは記者らを通じて存じています。クライアントからは『だからといって、仕事に影響するほどではない』との話も聞きましたが、刑事訴追されるかもしれないという話が出ていて、そうなるとまた話が変わってくるのでは」と話す。

| | コメント (0)

2016年11月 5日 (土)

スマホ OS androidがぶっちぎり。

アプリが豊富で無料が多い。根性があればアプリ開発、配布もできる。価格も安い。フアンなのはセキュリティーかな。パソコンのウィルスがこれほど問題になるのになんでスマホは問題にならないんだろ?

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1611/04/news080.html

 米調査会社Strategy Analyticsが11月3日(現地時間)に発表した第3四半期(7~9月)の世界におけるスマートフォン出荷調査によると、OS別でAndroidのシェアが過去最高の88%になった。

 総出荷台数は6%増の3億7540万台。インドや南アフリカなどの新興国市場での需要が成長を支えたという。

 Androidのシェア増には、米AppleのiPhoneの、中国およびアフリカでの販売減速が貢献したとStrategy Analyticsは分析する。BlackBerryとMicrosoftのWindows Phoneは戦略変更でほぼ消えてしまい、一方、Tizenなどの新興OSは搭載端末が増えず、伸びていない。

ただ、Android端末は飽和状態で収益を上げられているメーカーは少なく、また、米Googleがオリジナル端末「Pixel」および「Pixel XL」を発売したことは、これまで協力してきたパートナーメーカーに対する攻撃になっており、これらAndroidにとっての課題となっていると、Strategy Analyticsは指摘する。

| | コメント (0)

2016年11月 4日 (金)

日産 新しい駆動方式のパワートレインを発表

HVより原理は簡単そう。実現したのはモータの出力か。電池は思いのほか小さいものらしい。

http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1611/02/news150.html
http://image.itmedia.co.jp/business/articles/1611/02/yk_note01.jpg
 日産自動車は11月2日、新しい駆動方式のパワートレイン「e-POWER」搭載モデルを追加した新型「ノート」を発売した。
ガソリンエンジンで発電した電気を使用し、100%モーター駆動で走行する技術を開発。加速性向上や低燃費を実現した。
電動自動車(EV)「リーフ」に続く、新たな電動化技術を提案する。

 e-POWERは、エンジンや発電機、インバーター、モーター、バッテリーなどを搭載したシステム。
発進時はバッテリーからの電力で車を動かし、バッテリー残量や車速に応じてエンジンを始動して充電する。
EVと同様にモーター駆動で走行するが、外部電力からの充電は不要。ハイブリッド車(HV)のように、ガソリン給油のみで走行できる。
 モーター駆動ならではの加速性が強み。EV開発で培った大出力モーターの制御技術を活用し、発進時の加速、走行時の再加速ともに、反応がよく滑らかな加速性を実現した。最大トルクは254N・mと、「2リットルターボエンジンに匹敵するビッグトルク」という。

 また、新しい走行モード「e-POWER Drive」では、アクセルとブレーキによる運転操作を簡単にして「ワンペダル感覚」を可能に。
アクセルペダルを戻すだけで大きく減速できるため、ブレーキペダルを踏む回数を約7割減らせるという。
 燃費性能は、「e-POWER S」グレードで1リットル当たり最大37.2キロ。トヨタ自動車の小型HV「アクア」の37.0キロをわずかに上回り、小型車でトップとなる。

| | コメント (0)

2016年11月 3日 (木)

米国では原発を新設している。

地球温暖化はいったいなんだったのか? 巨費を投じ、長期に渡る計画。
一時的なブームでいいはずはないんだが。

http://agora-web.jp/archives/2022419.html

ワッツバー2号機は出力121万8000キロワット(kW)のPWR(沸騰水型)で東芝の子会社のウェスティングハウスが原子炉の建造を担当した。コマンチェ・ピーク原発2号機(Comanche Peak Unit 2、テキサス州)が運転開始した1993年9月4日から実に23年ぶりの新規原発の稼動となる。

同原発2号機は、1号機と同時に1973年に建設がスタートした。しかし1979年に発生したスリーマイル原発2号機事故で原子力への風当たりが強くなり、また規制基準が強化された。そのために1983年に全体の80%が完了した段階で建設がストップ。しかし廃炉にはしなかった。

その後に、原子力の見直し論が浮上し2008年に建設を再開。今度は2011年に発生した日本での東京電力の福島第一原発事故の影響で米国の規制基準が強化され、また遅延をした。ようやく今回完成にこぎつけた。

米国では、ジョージア州で2基、サウスカロライナ州で2基が新規に建設中で、今後4年以内に稼動すると計画されている。ただしこれ以上は、計画はあっても実際の建設には入っていない。

| | コメント (0)

2016年11月 2日 (水)

IoTはトワイライト

Photo

続きを読む "IoTはトワイライト"

| | コメント (0)

住宅建設が持ち直し。

人口減少や空き家問題で先行き明るいとはいえないが、まだまだ需要はありそう。

http://www.nikkei.com/article/DGXLASFL31HHA_R31C16A0000000/

国土交通省が31日発表した建築着工統計調査によると、9月の新設住宅着工戸数は前年同月比10.0%増の8万5622戸だった。
低金利が続くなか、住宅を取得する動きが続いた。相続税対策として貸家を建てる動きも続いた。季節調整済み(年率換算)ベースでは、前の月に比べて3.0%増えた。

 持ち家は1.4%増の2万5573戸と8カ月連続で前年実績を上回った。貸家も12.6%増の3万8400戸と11カ月連続で増加した。
 一方、分譲住宅は17.0%増の2万1339戸と2カ月ぶりに増加。分譲マンションは昨年の反動で23.0%増えた。一戸建て住宅も12.1%増えた。
 同時に発表した2016年上半期(4~9月期)の新設住宅着工戸数は前年同期比6.0%増の50万151戸だった。
4~9月期としては2年連続で増加した。貸家が11.1%増と全体をけん引した。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

| | コメント (0)

2016年11月 1日 (火)

ホンダが復活

このところリコールもあって一人負けだったホンダに復活の兆し。

http://news.infoseek.co.jp/article/itmedia_bizmakoto_20161031134/

営業益が大幅増、北米・中国の新型車効果で ホンダの中間決算

ITmedia ビジネスオンライン / 2016年10月31日 20時1分

 ホンダが10月31日発表した2016年4〜9月期連結決算(国際会計基準、IFRS)は、営業利益が前年同期比22.5%増の4949億円だった。円高の影響があったものの、日本や北米、中国などで新型車が好調。コストダウンの効果もあり、大幅な増益になった。通期は前期比29.1%増の6500億円の見通し。前回予想から500億円上方修正した。

●新型車がけん引

 4〜9月期の売上高は8.1%減の6兆7346億円。販売台数は増加したが、為替換算による売上高への影響が9439億円発生した。

 グループ全体の販売台数は4輪が6.3%増の243万1000台、2輪は4.9%増の889万台。日本では9月に発売したコンパクトミニバンの新型「フリード」が好発進。海外では、北米で主力車「シビック」に人気が集まっているほか、中国でも新型車が好調だった。

 利益面では、為替差損が1780億円発生したが、コストダウン効果や年金会計処理の影響などにより営業増益。経常利益は13.3%増の5590億円、純利益は12.1%増の3517億円だった。

| | コメント (0)

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »