« 要領の悪い労働文化と、進まないテクノロジー利用 | トップページ | テスラ、全車に自動運転装置搭載。 »

2016年10月20日 (木)

君は「もしドラ」を読んだだろうか。

「「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」
一世を風靡したベストセラー、略して「もしドラ」。ドラッガーって経営学の創始者だよね。「経済人の終わり」は秀逸。同時期の作品にハイエク「隷従への道」がある。

http://web.archive.org/web/20120103182020/http://moshidora.jp/

理想ははるか彼方であるにしても、距離感をつかんでみるのはのはいい。

http://moshidora.jp/

人は基本的に何も考えずに生きている生き物だと、筆者は考える。難しいことばかり考えるときもあるが、それはほんのひと時にしか過ぎないと思う。己にとって不可解な答えを導こうとすること自体を、嫌う存在だ。楽なほうへと進みたがるのも、当然の心理と言っていい、筆者はそう考える。.

しかし人生という荒波を潜り抜ける戦士としては、そんな生き方では何も改善せず、むしろ楽なほうへ進もうとすればいずれ待っているのは身の破滅でしかならない。それを好んで実行する人間など誰もいない、自殺行為など皆したくないのだ、だからこそ人は立ち向かっていくのだ、何かに。.

話が脱線したが、この組織管理手引書というものを題材にした小難しい作品の存在をご存知だろうか。日本の作家『岩崎夏海』という作家が著したある作品で、そんな本を読んだ一人の女子高生が甲子園を目指していくという、一言でいえば何だそれっ、となりそうなものだが、まぁそんなことを書きたい訳ではないので、置いておこう

|

« 要領の悪い労働文化と、進まないテクノロジー利用 | トップページ | テスラ、全車に自動運転装置搭載。 »

天下の情勢」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。