« 日本はもうダメらしい | トップページ | マンション販売動向 二割減 »

2016年9月30日 (金)

新エネルギーはどうなった?

 一時期は太陽光関連の仕事ばかりだったが、さすがに下火。車の次はオリンピック。なんか万博もありそう。なんとか食えるだけは食えそうというお話。

>地熱発電のメリットは、なんといっても発電の安定性だ。設備稼働率で見ると、太陽光は10%強、風力も2割程度だ。
太陽光は夜間は発電できないし、風力発電も無風なら風車は動かないからだ。しかし地下の蒸気は常に使用できるから、地熱発電は71%と、原発よりは若干劣るものの、ほぼ同等と言っていいレベルの安定性を誇っている。
 ちなみに、原発や火力であっても、設備稼働率が100%にはならない。定期点検などで止める必要があるからだ。
地熱も同様で、天然蒸気に含まれる不純物、たとえば金属成分やシリカなどが設備に付着するため、定期的にメンテナンスを行う必要がある。
 コスト面ではどうか。「初期投資は大掛かりなので、回収までに時間はかかります。しかし、40年ほどの長期で運用すれば、大型の火力発電所と同等と、国では試算しています」??独立行政法人の石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)の高橋由多加・地熱部地熱開発課担当調査役は、こう語る。

(続きはサイトで)
http://diamond.jp/articles/-/103040?page=2

|

« 日本はもうダメらしい | トップページ | マンション販売動向 二割減 »

環境 新エネルギー」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。