« BlueTooth送受信機 | トップページ | 東京電力がボッタクリ »

2016年8月21日 (日)

不動産市場に異変が起こっているらしい。

不動産バブル、オリンピックまでは持つと思ったが。もうとっくに供給過剰。地道にメンテナンスをやってたところは生き残れるかどうか。酷い目にあうかもしれないが、職人は大丈夫だ。

http://news.infoseek.co.jp/article/businessjournal_264181/

>不動産市場、「危険な事態」が密かに進行…大手不動産、負債が異常膨張で霞む「出口」

Business Journal / 2016年8月21日 6時0分

 大手不動産会社の有利子負債総額が増えている。三菱地所、三井不動産、住友不動産の大手3社の2016年3月期の有利子負債残高は3社合計で約7.6兆円にものぼる。3社の売上高合計は約3.4兆円であるから、なんと売上高の2倍以上の有利子負債を抱えていることになる。

 とりわけ、有利子負債が多いのが住友不動産である。8549億円の売上高に対する有利子負債は3兆1589億円、売上の3.7倍もの有利子負債を計上している。有利子負債額が多いとされるソフトバンクグループが、売上高9.2兆円に対して有利子負債額11.9兆円、倍率にして1.3倍であることを考えると、その数値は突出している。

|

« BlueTooth送受信機 | トップページ | 東京電力がボッタクリ »

天下の情勢」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。