« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月29日 (月)

再生医療は「ストック細胞」で加速

日本のITはもう完全に後進国。かって得意だったDRAMは壊滅、CPUはお声もかからず、フラッシュメモリーがどもくらい持ちこたえるか。日の丸発だったはずの青色LEDも、いまや主力は中国。おかげで、コッチは解体新書だよ。

IPSがどのくらい頑張れるかだな。日本では変態マスコミに潰されたままだが、海外ではSTAP細胞関連の論文が出始めているらしい。

金メダルで喜んでいるようでは、一億総貧困化もそう遠くはなさそう。

http://www.sankei.com/

>夢の治療があと数年で実用化へ 再生医療は「ストック細胞」で加速、大手製薬会社も本腰

 研究員がのぞき込む顕微鏡の先にあるシャーレの中には、小さな組織の塊のようなものがある。直径はわずか1~2ミリほどだが、無数の生きた細胞で構成されている。神戸市の人工島、ポートアイランドにある大日本住友製薬の神戸再生・細胞医薬センター。研究員らが培養しているのは、人工多能性幹細胞(iPS細胞)から作られた網膜の細胞

| | コメント (0)

2016年8月25日 (木)

国産初、日産が自動運転車を発売

燃費競争一巡で、一斉に自動運転か。

>18月24日 13時37分

自動車メーカーの間で自動運転に向けた技術開発が進められるなか、日産自動車は、国内のメーカーとして初めて高速道路の単一の車線でハンドルやアクセルなどを自動で制御する技術を搭載した車を発売しました。
日産自動車が発売したのは、新型のミニバン「セレナ」です。この車には、道路上の白線や走行中のほかの車を認識できる高性能カメラが搭載され、高速道路の単一の車線に限ってハンドルやアクセル、それにブレーキを自動で制御します。

ドライバーは緊急時に備え、ハンドルに手を添える必要がありますが、渋滞中の高速道路などで前の車と適切な車間距離を取りながら自動で走行できるということです。こうした自動運転の技術は、ドイツのメルセデス・ベンツやアウディなどが一部の高級車に搭載し、国内でも販売していますが、日産によりますと、国内のメーカーでは初めてだということです。

この技術を搭載したモデルの価格は291万円からです。
いわゆるファミリーカーに自動運転の技術を搭載することについて、日産の星野朝子専務は「多くのお客様に自動運転技術を経験してもらうため、高級車ではなくファミリカーから搭載した。技術力の高さでブランド全体の魅力を上げていきたい」と話していました。

自動運転技術をめぐっては、トヨタやホンダなども高速道路での実用化を目指していて、各社の開発競争が一段と激しさを増しそうです。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160824/k10010652231000.html

| | コメント (0)

2016年8月24日 (水)

東京電力がボッタクリ

スマホは便利だけど充電がね。当方はいまだにガラケー。受信だけなら二週間以上充電不要。スマホ機能は無線ルータにタブレット。これだと出先でノートパソコンでもインターネットと繋がる。

しかし、なんでもスマホとなるとスマホ無くしたらどうするんだろうね。故障とか。

http://mainichi.jp/articles/20160823/k00/00m/020/025000c

 東京電力エナジーパートナーやソニーは22日、街中の店舗に専用のコンセントを設置し、スマートフォンなどを有料で充電できる「公衆電源サービス」を23日から順次始めると発表した。
東京都内の一部のローソンなど計36カ所が対象。店側は、電源を供給することで誘客につなげる。

 参加店舗でプリペイドカードを購入し、専用コンセントにかざすと100円分(税抜き)で20分間使用できる。
コンセントに記されたコードをスマホで読み込んで、クレジットカード決済をできる店舗もある。

 設置場所などは、専用ウェブサイト、

| | コメント (0)

2016年8月21日 (日)

不動産市場に異変が起こっているらしい。

不動産バブル、オリンピックまでは持つと思ったが。もうとっくに供給過剰。地道にメンテナンスをやってたところは生き残れるかどうか。酷い目にあうかもしれないが、職人は大丈夫だ。

http://news.infoseek.co.jp/article/businessjournal_264181/

>不動産市場、「危険な事態」が密かに進行…大手不動産、負債が異常膨張で霞む「出口」

Business Journal / 2016年8月21日 6時0分

 大手不動産会社の有利子負債総額が増えている。三菱地所、三井不動産、住友不動産の大手3社の2016年3月期の有利子負債残高は3社合計で約7.6兆円にものぼる。3社の売上高合計は約3.4兆円であるから、なんと売上高の2倍以上の有利子負債を抱えていることになる。

 とりわけ、有利子負債が多いのが住友不動産である。8549億円の売上高に対する有利子負債は3兆1589億円、売上の3.7倍もの有利子負債を計上している。有利子負債額が多いとされるソフトバンクグループが、売上高9.2兆円に対して有利子負債額11.9兆円、倍率にして1.3倍であることを考えると、その数値は突出している。

| | コメント (0)

2016年8月20日 (土)

BlueTooth送受信機

Img_0042

続きを読む "BlueTooth送受信機"

| | コメント (0)

2016年8月19日 (金)

トラックの運転手も足りないらしい。

結構、給料いいんだね。もっとも違反や事故で失業だからリスクは大きい。

>年収減少
大型トラックの場合、ピーク時(97年)の510万円に対し、
2015年は437万円。
全産業の平均より50万~60万円も低い状況が続いている。
トラック運転手の高齢化が進む。
30歳未満はわずか3・4%、40歳以上は78・2%トラック運転手になるはずの肉体労働者が給料のいい建設に行く。

「目を開けたまま意識が飛んだこともある。その間にどれぐらい走ったのか、わからなかった」男性に基準を守っているかと聞くと、こう返された。
「基準を守っていたら、荷主が求めている時間に間に合わないよ」

運転手不足の解消に向け、国も対策を講じ始めた。
高卒確保へ準中型免許新設する。
さらに、トラックの全長規制を「最大25メートル」に緩和し、荷台を連結して一度に運べる荷物を増やせるようにする方針も打ち出した。

女性運転手を「トラガール」と銘打ってPRし、積極的な採用を促す。

順天堂大学の川喜多喬・特任教授(キャリア・人材開発論)
運転手の待遇の改善に加え、高校で『物を運ぶ仕事』の大切さに理解を広めていくことが必要だ。

詳しくはリンク先で

前スレ(★1のたった日時:2016/08/17(水) 01:07:51.63)
【社会】トラック運転手不足深刻 物流システム瀬戸際
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1471363671/

| | コメント (0)

2016年8月18日 (木)

androidがwifiで繋がった

自作アプリで繋がった。まだまだ、自由自在は先のお話。

こんなに難しいとは思わなかったな。パソコンがいかに簡単か。picはもっと簡単。plcはさらに簡単。

| | コメント (0)

2016年8月17日 (水)

プログラミングを学んで仕事や転職に生かす女性が増えている?

かってはフラット化の先兵などと言われて、中国人平均の給料が日本人平均の十分の一とか言われていた時代にPGの給料だけは似たようなものだった。結果、発展途上国では高額所得者のPGが日本ではフリーター扱いだった。発展途上国の平均賃金が上がると、PGに関しては日本の方が安いということになった。人が足りなくなるのも分かるよ。

ardiunoのlibraryなんて日本発のものは無いに等しい。日本語の解説書にはロクなものがないから英語の取説を読むしかない。解体新書の世界だよ。もう日本は完全な後進国だな。

>プログラミングを学んで仕事や転職に生かす女性が増えている。企業がIT(情報技術)投資を強化する中、専門性を生かし柔軟な働き方が選択しやすい点が魅力になっている。大手の教室で女性の受講者が増えており、女性専用コースを開設する動きも活発になっている。

http://www.nikkei.com/article/DGXLASDJ05H3H_W6A810C1MM0000/?n_cid=NMAIL001

| | コメント (0)

2016年8月16日 (火)

マンション販売は持ち直すのか?

問題は販売戸数以上に契約率の低さ。相当に行政のてこ入れがないと分譲マンションは難しい。建蔽率が低く土地が値上がりしていた時代なら建て替えもできただろうが、長期ローンが組めない高齢化が進んでからの建て替えは厳しい。空き家でも管理費や修繕積立金は免れない。かといって高齢化してから賃貸が借りられるかどうか。

さて、マンション販売、8月は持ち直す見込みとありますがどうなりますか。

>>

http://www.nikkei.com/article/DGXLASFL16HHP_W6A810C1000000/

 不動産経済研究所(東京・新宿)が16日発表したマンション市場動向調査によると、7月の首都圏の新規発売戸数は前年同月比30.7%減の3317戸だった。8カ月連続で前年同月を下回った。
7月としては、2009年(3230戸)以来の低水準となった。施工費の増加を背景にマンション価格の高止まりが続いており、需要が振るわなかった。1戸あたりの平均価格は5656万円と5.0%低下した。

 地域別の発売戸数では、都区部が35.2%減少した。昨年に大型物件が相次いだため、反動が出た。埼玉県や千葉県でも落ち込みが目立った。

 消費者が購入した戸数の割合を示す月間契約率は63.3%と前年同月に比べて20.4ポイント低下した。
東京都区部の契約率は56.5%と、7月としては08年(48.8%)以来の低さだった。8月の発売戸数は2500戸(前年同月は2610戸)を見込む。

 7月の近畿圏の発売戸数は、12.4%増の1414戸だった。3カ月ぶりに前年同月を上回った。
月間契約率は、74.6%と前年同月比0.5ポイント低下した。8月の発売戸数は1300戸程度(前年同月は969戸)を見込む。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

| | コメント (0)

地味ではあるがインフラ輸出は堅調か

なんか東芝、パナソニックは持ち直したみたいね。日立の例もあるが、大手はかなりしぶとい。終身雇用で会社に忠誠する社員は少なくない。いざ、リストラとなるとその社員をバッサリ切るんだからね。退職金の割り増しなどうらやましい限りだが、当然、転職の準備などしていない。泣いてる人も多いと思うよ。

http://www.news24.jp/articles/2016/08/07/10337330.html

タイで初めて日本の車両を使った鉄道「パープルライン」が開業した。運行管理やメンテナンスも日本の企業連合が担うことになる。

 6日午後、バンコク郊外にあるパープルラインの駅では、一番列車に乗ろうと長い行列ができた。このパープルラインは、タイの首都バンコクと隣のノンタブリ県までの23キロを結ぶ。

 タイの鉄道で日本製の車両が走るのは初めてで、バンコクの渋滞解消への効果も期待されている。乗客「とても興奮しています。この日を待っていました」「とても便利になり、時間を短縮できます」

 このパープルラインは、東芝やJR東日本など日本の企業連合が海外で鉄道の運行管理やメンテナンスを手がける初めてのケースとしても注目されている。

| | コメント (0)

2016年8月15日 (月)

IT技術者が足りないらしい

そのせいかどうかは分からないが、とんでもないオファーが舞い込んでくるようになった。「そんなことができるぐらいなら、こんなことやってない、ここにはいない。貧乏してない」と丁重でない断りを入れる。

会社にいたころの話だけど社長が「人いないかな?」と聞いてきた。条件を聞いてみると、「あれもできて、これもできて、給料はこのくらい」と。「そんなスーパーマンをタダ同然で雇おうたって無理ですよ。」とオレ。すると社長「スーパーマンはおカネ、取らないよ」と返された。さすがに「こりゃ何言っても無駄だな」で会社、辞めました。

ちなみにその後、会社は潰れました(笑)

>7月の転職求人倍率は1.79倍 専門職中心に高水準 リクルート調べ
2016/8/10 8:00

 リクルートホールディングス傘下のリクルートキャリア(東京・千代田)が10日まとめた7月の転職求人倍率は1.79倍と、前年同月比で0.22ポイント上昇した。
IT(情報技術)関連などの専門職を中心にした中途採用の動きが続いている。
ただ、前月比では0.01ポイント低下した。

 職種別ではWEBプログラマーなどネット関連の専門職の転職求人倍率が5.00倍と最も高かった。
機械の組込・制御のソフトウエア開発技術者が4.09倍、建設関連技術者が3.50倍で続いた。

 求人数は前年同月比24.0%増え、過去最高となった。登録者数も8.6%増えた。

リクルートキャリアが運営する転職サイト「リクナビNEXT」の藤井薫編集長は
「企業がフレックスタイム制度や在宅勤務といった柔軟な働き方を提案するなど、人材獲得のための競争が激化している」と指摘する。
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFL09HMJ_Z00C16A8000000/

| | コメント (0)

2016年8月13日 (土)

たった4秒で固まる液体プラスチック!

これ歯医者さんで使ってるヤツだよね。瞬間接着剤より無害強力。

ヤフーショッピング

【たった4秒で固まる液体プラスチック!】【BONDIC/ボンディック】スターターキット + 専用リフィル×2個
【セット内容】
スターターキット BD-SKCJ×1セット
専用リフィル(付け替え用) BD-CRJ×2個

■紫外線で硬化する液体プラスチックです。付属のBONDIC専用UVLEDライトで紫外線をたった4秒あてることで様々な素材を強力に接合することが出来ます。

| | コメント (0)

2016年8月12日 (金)

シャープの株が上がってる

東芝もそうだけど、テレビコマーシャル結構やってるもんね。形は変わるがなんか持ち直しそう。

http://www.sankei.com/west/news/160812/wst1608120008-n1.html

経営再建中のシャープは11日、台湾・鴻(ホン)海(ハイ)精密工業から総額3888億円の出資を受けるための条件となっていた独占禁止法上の中国当局の審査が終了したと発表した。

 シャープは「契約に基づき、速やかに支払いがなされる見込みだ」とコメントし、12日にも鴻海から出資がなされるとの認識を示した。

 11日、鴻海も近く出資を実行するとの声明を発表した。出資完了後、新たな経営陣が発足し、鴻海主導による立て直しに乗り出す。国内大手電機メーカーでは、初の外資傘下入りが実現する。買収手続きは当初、6月末を目指していた。

 鴻海は、シャープの第三者割当増資を引き受け、66%の議決権を持つ筆頭株主となる。
出資完了を条件に、高橋興三社長は業績悪化の責任をとって退任予定。シャープの株主総会で選任された新経営陣は9人のうち、次期社長の戴正呉氏を含む6人を鴻海側が指名、シャープ出身は3人のみとなる。

|

2016年8月11日 (木)

MR流体ブレーキ?

これ「パウダーブレーキ」のことじゃないの? 車はメカももうメカじゃなくなるんだね。

http://response.jp/imgs/thumb_h2/1083466.jpg
曙ブレーキ工業は、摩擦に頼らない「MR流体ブレーキ」の研究開発を東北大学流体科学研究所と共同で進めている。
MR流体(Magneto Rheological Fluid)とは、磁気に反応して液体から半固体へと変化する機能性材料。
磁場を加えると、液体中に分散された粒径数ミクロンの強磁性体粒子(鉄粉)が磁界方向に整列して鎖状粒子クラスターを形成し、半固体化する。

MR流体ブレーキは、車両に固定した円盤と、ハブベアリングと同時回転する円盤の間にMR流体を充填する構造。ブレーキ内部に配置した電磁石のコイルに電流を流し、円盤と垂直の方向に磁界を発生させることで固定円盤と回転円盤の間に鎖状粒子クラスターができる。
回転円盤は回転し続けているため、鎖状粒子クラスターがせん断変形を受け崩壊、隣のクラスターとつながり、また崩壊するという現象が繰り返され、回転円盤に抵抗力(ブレーキ力)が発生する。

MR流体ブレーキは摩耗粉が発生せず、環境負荷軽減に貢献。
また、MR流体が磁場に数msという速さで反応するため、俊敏かつ安定した制御が可能となる。
さらに、電子制御装置で電圧(起磁力)を直接コントロールするため、あらかじめ設定した効きのパターンの中から、ユーザーが好みのブレーキフィーリングを選べるようになる。
同社は約2年前から、超小型モビリティを対象に研究開発し、2015年3月に試作品を完成。
スマートシティやスマートモビリティに適合したスマートブレーキとして、2020年の実用化を目指し、試験と改良を重ねている。

| | コメント (0)

2016年8月10日 (水)

3Dプリンタの講習会があるそうです。

金型無しで、プラステックの曲面仕上げ、単品となると3Dプリンターか。加工は外注らしいが、もう使ってるところもあるよ。

手作り、単品が売りだったイベント業界だが設備産業化が進んできた。カネがないところは脱落するしかないかもしれない。

建築模型だってかってはカッターで切って加工していた。人件費をまともに計上すれはとんでもない値段になる。そこにレーザー加工機が出てきて、持ってないところはあっと言う間に淘汰。

最後は経営者の”やる気”かな。

《 金属3Dプリンタ/積層造形を用いた金属製品・金型の製作技術と活用事例 》
                                 初心者の方のための<入門コース>
 ☆開催内容の詳細 → http://www.j-tic.co.jp/h80821.htm  【8月23日開催セミナーのご案内】


<従来機に比べ、価格は1/2(5000万円)以下(量産時)、造形速度10倍以上の国産機が開発され、数年後には金属3Dプリンタでの金属製品・金型造形が当たり前に !! >

 【5名様までの特別割引】
  受講料 60,000円で 5名様まで受講できます。(5名様受講で1名様あたり12,000円です)企業、大学、専門学校、商工会、研究会、グループ、各種団体等で 3名~5名様のお申込みに最適です。


  〔ポイント〕 
★他社に先駆けて実践で金属3Dプリンタを活用されていた元・㈱ジェイエムピーの安藤幸彦氏が詳説!!
★金属3Dプリンタの導入、活用にご関心、ご興味をお持ちの初心者の方に分かりやすく解説致します!!
★今後本格化する金属3Dプリンタ活用新時代を先取りし次世代の高付加価値製品の創出ができます!!
★我が国の高度なものづくり技術と最先端の金属積層造形技術をうまく融合させて差別化が図れます!!
★3Dデータから直接製品化が可能になり、製作・製造の大幅な期間短縮と低コスト化が実現できます!!

◆早期・半額割引の受講料割引と当セミナー以外の金属・樹脂3Dプリンタ活用事例、金属製品・金型、
  ドローン、3D計測・点群データ、販売支援・代行セミナーは下記に掲載しています。
◆3名様以上の多人数でのお申込みの場合は、受講料が格安では7,000円 からあります。

| | コメント (0)

2016年8月 9日 (火)

BlueTooth始めました

アナログ伝送可。androidは難攻、もう少し後です。

| | コメント (0)

テスラのオートパイロットが命を救う

自動運転、もう実用化されてるんだね。私事ですが、デジタルデバイド、インターネット未接続の人達ばかりと付き合うことになった。なんせメールが使えないんだから。説明するにもURL添付といわけにはいかない。

しかし、私が言うのもなんだけど、プログラムはバグがあるし電子機器は壊れる。どうも信用する気になれないなぁ。

http://gigazine.net/news/20160808-tesla-save-life/

テスラが販売しているEVに搭載される自動運転モード「オートパイロット」では、自動走行中に立て続けに交通事故が発生と報じられ、実際に死亡事故が発生していたこともあったのですが、今度はそのオートパイロットモードが人命を救うに至ったという事例が報じられています。

「テスラ・モデルXのオートパイロットで命を救われた」と語っているのは、アメリカ・ミズーリ州に住むジョシュア・ニーリーさん。
弁護士であるニーリーさんは勤務先から自宅に戻る道中で急病に襲われましたが、偶然にもオートパイロットモードがオンになっていたため、無事に生還することができたと話しています。

そんなニーリーさんがアクシデント発生時のことを語るムービーがこちら。

ニーリーさんは2016年7月にテスラの「モデルX」を購入しました。「これは究極のガジェットですね。今まで見た中で最もクールなテクノロジーだと思いましたし、ましてや自分で所有できるなんて思ってもいませんでした」と、命を救われたこともあってか相当お気に入りの様子。
モデルXを購入して数週間後、娘の誕生日に勤め先から高速道路「インターステート65号線」を通って帰宅している最中に、ニーリーさんの体に変調が訪れました。
「経験したことのない痛みに襲われました」とアクシデント発生時を振り返るニーリーさん。その時ニーリーさんの体に起こっていたのは、肺の血管に血の塊が詰まる肺塞栓症と呼ばれる症状でした。この病気は激しい痛みと呼吸困難を引き起こすもので、最悪の場合は命を落とす危険もある重大な病気です。

しかし、アクシデント発生時はオートパイロットモードがオンになっていました。
このモードでは、目的地まで自動で操縦してくれると言うわけではありませんが、現在走っている道路からはみ出ないように走行を継続し、衝突の危険が生じた場合などには自動でブレーキをかけて停車するようになっています。

またドライバーが無意識の状態に陥ったことが推測される場合には、自動で路肩に停車する機能も備わっているとのこと。
幸い、ニーリーさんは意識を保ったままでしたが、運転に集中できる状態ではなかったので、症状が落ち着くまでオートパイロットに運転を任せて高速道路を走行。その後、高速道路から数ブロックの場所にある救急病院まで自分で運転してなんとかたどり着くことができたとのこと。

ニーリーさんは、オートパイロットが自分の命を救ってくれたと語っています。もしもオートパイロットが使えなかった場合、とにかく路肩にクルマを停めて救急車の到着を待つほかなく、その間に症状が悪化して命を落としてしまっていた可能性もあります。
さらに、自分で路肩にクルマを寄せられたかどうかも定かではなく、最悪の状況だと中央分離帯や道路脇、またはほかの自動車に衝突して「原因不明の事故死」ということになっていた可能性すらあったというわけです。
その後、ニーリーさんは医師の処置を受け、現在は回復に向かっているとのこと。
「この世に完璧なテクノロジーなど存在しませんが、現時点のレベルでは普通の自動車よりも安全だと思います」とオートパイロットの性能を評価するニーリーさんでした。
テスラのイーロン・マスクCEOもこのニュースをリツイートしています。
実際にオートパイロットモードがニーリーさんの命を救ったか、と問われると、そこにはさまざまな要因が絡み合っているため、一概に「イエス」とは言えません。とはいえ、今回のアクシデントで高速道路走行中の急病発生時でもそのまま走行を続けて衝突を回避したり、一時的に運転を肩代わりしたことでニーリーさんの負担を軽減したりと、オートパイロットモードによる実績には見過ごせないものがあり、これらは一部の自動車に備わっている「車線キープ機能」などによってもたらされる安全性能のたまものと言うことはできそう。
ニーリーさんが言うように、完全に安全な技術というのは存在しないかもしれませんが、新しい技術で従来にはなかった安全性能が実現されているというのは、自動車技術の発展の上で評価すべき点と言えそうです。

| | コメント (0)

2016年8月 8日 (月)

アセンブラがリバイバルしているらしい。

たしかに、コストや大きさの問題はあるが、単品物ならPLCだな。常時、変数がモニタできる。強制ON/OFFもある。メーカのサポートは絶大。

アセンブラなんて変態しかやらん。

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1608/08/news066.html

TIOBEプログラミングコミュニティは、2016年7月のインデックスを公開した。

 Java、C、Pythonなどが上位を占める中で注目されるのは、アセンブリ言語が先月までの12位からベスト10に上昇したことだ。
TIOBEインデックスは、Philips系のソフトウェア調査会社TIOBE Softwareが発表している、各種プログラミング言語の人気度を示すものだ。いくつもの検索エンジンの結果から、プログラミング言語がどのぐらい使われ、どのぐらい注目を集めているかを評価している。

 アセンブラによってアセンブルされるアセンブリ言語は、プログラミング言語の中でもっとも機械語に近く、低級言語と表現される。
しかしもちろんレベルが低いわけではない。むしろ、エラーチェックが難しくあらかじめ用意された機能も少ない、効率よく使うためにはハードルの高い言語だ。アセンブリ言語しかなかった時代はともかく、読み書きしやすく現在では速度も引けをとらない各種の高級言語が登場した今、なぜアセンブリ言語なのだろうか。

 人気再燃の理由についてTIOBEは、小規模システムの普及を挙げている。
いまや電動歯ブラシからコーヒーメーカーまで(とTIOBEは例を挙げているが、どちらもPhilipsの代表的な製品だ)、マイクロコンピュータが使われている。こうした、メモリと速度が厳しく制約された機器を効率よく動かすためには、アセンブリ言語で書かれた機械語プログラムが不可欠というわけだ。

 パーソナルコンピュータがマイコン(My Computer)と呼ばれていた1980年代、入門しやすいがあきれるほど低速なBASICインタープリタではなく、アセンブリ言語を通して機械語で直接プログラミングすることは、マイコン少年たちの憧れだった。
当時の憧れを抱えたままJavaやC++に取り組んでいるプログラマーにとって、今がチャンスかもしれない。

| | コメント (0)

2016年8月 7日 (日)

東芝復活はなるか?

東芝、シャープ、東電の仕事が無くなって久しいが、よくやってるね。これで”車”がコケたらどうなんだろ? とは思うけど。

>東芝は27日、64層の3次元メモリー半導体「NAND型フラッシュメモリー」のサンプル出荷を世界で初めて開始したと発表した。これまで48層で容量256ギガビット品を生産してきたが、64層の製造技術を実用化した。2017年前半に容量256ギガビットで量産出荷を開始する予定で、将来的には512ギガビットの製品化も計画している。

スマートフォンなどで使われるフラッシュメモリーは素子を積層し、容量を増やす3次元の製造技術が主流となりつつある。

東芝は64層の新製品で回路技術や製造過程を最適化し、チップサイズを小型化した。これにより、48層タイプよりも単位面積あたりの容量を約1・4倍まで拡大した。新製品はデータセンターやパソコンで使われる記憶装置「ソリット・ステート・ドライブ(SSD)」向けやスマートフォンやタブレット端末向けに販売展開する。

フラッシュメモリー市場は、これまで回路の微細化で容量を増やす技術で製造してきた。微細化が限界に達し、韓国のサムスン電子や米マイクロン・テクノロジーなども3次元による量産技術の開発を積極的に行っている。

東芝も3次元の生産比率を17年度に全体の5割、18年度に8割以上に引き上げる計画。来年度には四日市工場(三重県四日市市)に新棟を建設し、3次元の生産を加速させる方針だ。

http://www.sankeibiz.jp/business/news/160727/bsb1607271345002-n1.htm

| | コメント (0)

2016年8月 6日 (土)

広告業界のドンにジャンヌダルクはどう立ち向かうか。

オリンピックがらみの仕事こないなぁ。これも日ごろの行いか(泣)

http://biz-journal.jp/2016/07/post_16100.html

 7月31日投開票の東京都知事選挙で、各候補者が2020年東京五輪への取り組みをこぞってアピールしている。
 新国立競技場の建設問題、エンブレムの盗用疑惑、「政治とカネ」の問題による都知事の相次ぐ辞職……。
こうした不祥事で、今や東京五輪のイメージは最悪なものとなっている。新しい都知事には、東京五輪のダーティーなイメージを払拭し、開催都市のトップとして五輪を成功させる役割があるわけだ。
 しかし、都知事が交代しても、東京五輪は決してクリーンな大会とはならないだろう。それは、東京五輪の裏では、常にあの巨大広告代理店・電通が暗躍しているからである。

JOCの裏金疑惑で浮上した電通の存在5月11日、英紙「ガーディアン」のスクープによって、東京五輪招致委員会が電通を介して開催地決定の投票権を持つ国際陸上競技連盟(IAAF)のラミーヌ・ディアック前会長の息子に2億数千万円の裏金を支払っていた事実が発覚した。
 この裏金問題は、フランス検察当局がロシア陸上選手のドーピング問題でIAAF会長に不正な入金がないかを調査した際、日本オリンピック委員会(JOC)と五輪招致委員会がペーパーカンパニーを通じて多額の賄賂を支払っていたことが発覚し、疑惑が持たれた。
 陸上競技はスター選手が多く、世界記録を連発する「オリンピックの華」。統括するIAAFのトップは五輪招致に大きな影響力を持っている。
そこで、ディアック前会長を狙い撃ちにしたところ、日本の裏金疑惑が出てきたのである。ベテランのスポーツジャーナリスト・A氏が語る。
「近年、国際オリンピック委員会(IOC)は開催地決定をめぐりIOC委員の買収や不正が相次いだことを受けて、綱紀粛正に乗り出していました。
その矢先に発覚したのが、JOCが東京五輪開催を『黒いカネ』で買ったという疑惑です。そして、日本の新聞やテレビはこの事実を黙殺しましたが、『ガーディアン』の記事には買収工作の実行部隊として『電通』の名前が何度も出てきます。そのため、各国のメディアも一斉に電通を批判したほどです」(A氏)

五輪の不正工作の裏には必ず電通がいる?
 電通が今回の裏金問題に深く関わっているのは、JOCの竹田恆和会長も認めたまぎれもない事実。竹田会長は国会に参考人として呼ばれた際、裏金を支払ったIAAFのディアック前会長の息子が関与するペーパーカンパニーについて、「コンサル会社から売り込みがあり、電通さんに実績を確認したところ、十分に業務ができる、実績があるということだった」と証言している。
 しかも、「今回の裏金問題は氷山の一角です。今後もまだまだ出てくる」と語るのは、IOC理事を務めた猪谷千春氏などを取材してきたスポーツジャーナリスト・B氏である。
「JOCや体協(日本体育協会)は、元選手と天下り官僚の寄り合い所帯。招致委員会も、実際は電通がすべて仕切っていました。
そのため、これまでの日本側の不正には必ず電通が関わってきたのです。
 たとえば、IOCにはもらっていいプレゼントは2万円以内という内規があります。そこで、IOC委員を招く会合で数十万円もするモンブランの高級万年筆を筆記用具として用意。『プレゼントではない』と言い張り、事実上のプレゼント攻勢をかけたこともありました。
 また、大会やシンポジウムに海外のIOC委員を招待する名目でファーストクラスの航空券を送り、その払い戻しのお金を『賄賂』にするのも常套手段です」(B氏)1998年の長野五輪では、来日したIOC幹部に日本刀などの美術品を「お土産」として渡したという。美術品は値があってないようなものなので、
賄賂をカモフラージュするのに非常に便利なのだ。こうした裏工作のほとんどが、電通による仕業というのである。

| | コメント (0)

2016年8月 5日 (金)

ハウステンボス ロボットが接客するホテル

 ハウステンボスなんだね。

http://news.cube-soft.jp/archive/118392.html

フロントや荷物運びなどをロボットが行うことで人気の長崎県の「変なホテル」。その2号店が来年3月、千葉県浦安市に開業します。

 「目標としては、全世界に100店舗ぐらいを展開しようじゃないか」(ハウステンボス 澤田秀雄社長)

 「変なホテル」は長崎県佐世保市のハウステンボスが運営していますが、1号店は182台のロボットと10人の従業員で接客などを行い、この夏の予約率は90%を超えているといいます。2号店は東京ディズニーリゾートが近いため、家族連れの客を獲得したい考えです。(04日17:45) JNN/TBS

| | コメント (0)

2016年上半期の首都圏マンション発売、2割減=24年ぶり低水準

ゼネコンの好況はオリンピックまでは続くだろうが、マンションは息切れ。無論マンション建設はなくなることはないが、現状は持続不可能。業態転換を含めて”次の手”を打つのは早い方がいい。

http://www.jiji.com/jc/graphics?p=ve_eco_kensetsufudousan-apartment-sales

2016年上半期の首都圏マンション発売、2割減=24年ぶり低水準

※記事などの内容は2016年7月14日掲載時のものです
 不動産経済研究所が14日発表した2016年上半期(1~6月)の首都圏(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県)の新築マンション発売戸数は、前年同期比19.8%減の1万4454戸と約2割減少した。上半期としては、バブル崩壊期の1992年以来、24年ぶりの低水準となった。
 1戸当たりの平均販売価格は8.2%アップの5686万円と4年連続で上昇し、バブルの影響でマンションが高騰していた91年(6450万円)以来の高水準となった。
 また物件発売月の契約率は1~6月平均で68.4%にとどまり、09年以来7年ぶりに好不調の目安とされる70%を割り込んだ。同研究所は上期のマンション発売減少について、人件費高騰などを背景にした物件価格の高止まりで販売が伸び悩む中、売り手が一部物件の発売時期を延期していることなどが原因とみている

| | コメント (0)

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »