« BlueTooth始めました | トップページ | MR流体ブレーキ? »

2016年8月10日 (水)

3Dプリンタの講習会があるそうです。

金型無しで、プラステックの曲面仕上げ、単品となると3Dプリンターか。加工は外注らしいが、もう使ってるところもあるよ。

手作り、単品が売りだったイベント業界だが設備産業化が進んできた。カネがないところは脱落するしかないかもしれない。

建築模型だってかってはカッターで切って加工していた。人件費をまともに計上すれはとんでもない値段になる。そこにレーザー加工機が出てきて、持ってないところはあっと言う間に淘汰。

最後は経営者の”やる気”かな。

《 金属3Dプリンタ/積層造形を用いた金属製品・金型の製作技術と活用事例 》
                                 初心者の方のための<入門コース>
 ☆開催内容の詳細 → http://www.j-tic.co.jp/h80821.htm  【8月23日開催セミナーのご案内】


<従来機に比べ、価格は1/2(5000万円)以下(量産時)、造形速度10倍以上の国産機が開発され、数年後には金属3Dプリンタでの金属製品・金型造形が当たり前に !! >

 【5名様までの特別割引】
  受講料 60,000円で 5名様まで受講できます。(5名様受講で1名様あたり12,000円です)企業、大学、専門学校、商工会、研究会、グループ、各種団体等で 3名~5名様のお申込みに最適です。


  〔ポイント〕 
★他社に先駆けて実践で金属3Dプリンタを活用されていた元・㈱ジェイエムピーの安藤幸彦氏が詳説!!
★金属3Dプリンタの導入、活用にご関心、ご興味をお持ちの初心者の方に分かりやすく解説致します!!
★今後本格化する金属3Dプリンタ活用新時代を先取りし次世代の高付加価値製品の創出ができます!!
★我が国の高度なものづくり技術と最先端の金属積層造形技術をうまく融合させて差別化が図れます!!
★3Dデータから直接製品化が可能になり、製作・製造の大幅な期間短縮と低コスト化が実現できます!!

◆早期・半額割引の受講料割引と当セミナー以外の金属・樹脂3Dプリンタ活用事例、金属製品・金型、
  ドローン、3D計測・点群データ、販売支援・代行セミナーは下記に掲載しています。
◆3名様以上の多人数でのお申込みの場合は、受講料が格安では7,000円 からあります。

|

« BlueTooth始めました | トップページ | MR流体ブレーキ? »

3D」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。