« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月31日 (日)

日産が自動運転車投入

ま、次の仕事はこれだろうな。車関連、多いよ。

http://news.infoseek.co.jp/article/20160731jcast20162273484/

日産自動車が、自動運転機能を搭載したミニバン「セレナ」を2016年8月下旬に発売する。海外メーカーが高級車などで既に実用化しているが、日本メーカーでは日産が初となる。自動運転技術を巡っては、国内メーカー各社が開発を進めており、日産の市場投入を受けて競争が一気に過熱化しそうだ。

セレナに搭載されるのは、高速道路の単一車線を走り続ける場合にアクセル、ブレーキ、ステアリングを自動制御する機能。前を行く車との距離や路上の白線を検知する車載カメラの精度を高め、運転手が設定した時速30~100キロの範囲で前の車との車間距離を保ちながら車線をはみ出さずに走行し、追突しそうになると自動でブレーキをかける。渋滞時にも対応する。

| | コメント (0)

益々深刻化する空き家問題

ゼネコンや業界団体が国交省の天下り先なこともあって全くの無策。それどころか住宅ローン減税を二年半延長するという。都知事選では話題にすらならない。

「大洪水よ、我が亡き後にきたれ!」

「宮廷の奢侈が財政破滅を招くと忠告されたときに、フランスのルイ15世の愛人ポンパドゥール夫人がノアの洪水伝説にちなんで言った言葉の言い換え。マルクスが資本論に引用して有名になったのだとか。

切実なお話ではあります。

http://news.yahoo.co.jp/feature/271

「マンションの寿命が尽きたら解体する前提で、あらかじめ所有権には建物の耐用年数に見合った有効期限を設定して、購入者が解体積立金を積み立てる制度をつくる。そうすれば、修繕でも建て替えでもない第三の道として『解体』をスムーズに選べるようになります。建物の寿命とともに所有権も期限切れとなり、建物は積立金で解体する。現実として、ほとんどのマンションが建て替えできない以上、その方が合理的でしょう」

米山氏の試算では2033年、全国の空き家率は28.5%。およそ3軒に1軒が空き家となる数字だ。

隣人のどちらかは空き家が当たり前という未来は、わずか十数年後に迫っている。だが、そんな未来など永遠にやって来ないかのように、今日も日本のどこかで家が建てられている。

| | コメント (0)

2016年7月30日 (土)

ボーカロイド参考書がヒットしている。

ボーカロイドのプログラムは”調教”って言うんだよね。

http://lpt.c.yimg.jp/amd/20160730-00000534-san-000-view.jpg

 学研ホールディングスのグループ会社、学研プラスが発売した「MUSIC STUDY PROJECT ボカロで覚える中学歴史」と「-中学理科」が学習参考書としては異例のヒットを記録している。
累計部数はそれぞれ16万部で、合計32万部。1万部売れれば「合格」とされる学習参考書業界の話題をさらっている。(櫛田寿宏)

 「-中学歴史」と「-中学理科」は音楽CD付きの参考書で、各1728円。スマートフォンやパソコン、タブレット端末向けの動画が用意されている。
この動画を見ながら歴史や理科の用語を詞にちりばめたキャッチーな歌を聞くと、自然に知識が頭に入るよう工夫されている。

 ボカロと略して呼ばれるボーカロイドは、メロディーと歌詞を入力すれば歌声を合成する技術。
ボカロを採用した理由について、同社小中学生事業部の八巻明日香さんは「人間の声でない分、中立的で広く受け入れられると考えた」と説明する。

 また、人気のあるボカロP(ボカロで楽曲を作る人)に多数参加してもらうことで、高いクオリティーを実現。
実際、同社には「得した気分」「用語が頭に入る」「やる気が出る」といった声が寄せられているという。

 では、どんな曲が収められているのか。「歴史」の1曲目は、初音ミクが歌う「千本桜 日本の歴史Ver.」で、古代から現代までの通史が学べる。
「千本桜」はボカロ界の国民ソングともいわれる人気曲だ。一方、「理科」の「染まるセカイの物語」では生命の連続性という壮大な物語を表現した。

 前出の八巻さんは「勉強が身近になって、歴史や理科の面白さに目覚める人が増えたらいい」と企画した意図を説明する。
同社は今後、「英語」と「数学」で同様の参考書を出版することを企画している。
ユーザー目線の面白い教材が増えて、中学生たちの勉強への苦手意識がなくなる…。
勉強の一つの未来形といえるのかもしれない。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160730-00000534-san-soci
産経新聞 7月30日(土)18時14分配信

| | コメント (0)

2016年7月28日 (木)

デンソーが藻類を使ったバイオ燃料研究を加速

デンソーですか。

sssp://img.2ch.net/ico/samekimusume32.gif
水中に生息する藻類を使ったバイオ燃料の開発を企業が加速させている。
藻はトウモロコシなどと違い、食料の需給に影響しないのが特長。
自動車部品大手デンソーは、熊本県天草市で大規模な培養の
実証実験に着手した。生産コストをいかに抑えられるかが実用化への課題だ。

| | コメント (0)

2016年7月27日 (水)

リモートセックスは実現まじか。

やるだろうと思ってった。脳に直接アクセスできるようになれば、もう、なんでもあり。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160724-00012978-forbes-bus_all

アダルトチャット大手のCamSodaは8月から、女性モデルと顧客が肉体的な交流を可能にするVR(仮想現実)プラットフォームの運用を開始する。同社はテレディルドニクス(teledildonics)と呼ばれる技術を開発し、離れた場所に居る人同士が成人向けガジェトを用い、性行為を楽しむことを可能にした。

利用できるグッズはKiirooが販売するもので、モデル側のガジェットのプレッシャー・データを、顧客側にリアルタイムで送信する。同社は「利用者それぞれに振動が伝わることで、現実世界と同じ体験が得られる」と説明する。CamSodaのダロン・ランディーン社長はプレスリリースで「私たちはユーザーに対し、イマジネーションを刺激し続けるようなユニークな体験を提供します」と述べている。

既に女性モデルの「待機所」がオープンCamSodaは既にVR機器をフル装備したモデルたちの待機所を用意し、入念な準備を進めている模様だ。「いつでもユーザーを楽しませることができるよう、バラエティ豊かな女性モデルたちを揃えています」と宣言している。
テクノロジーに精通したCamSodaファンには毎週行なわれる「スペシャルイベント」も楽しみの1つになる。同社は「VRの可能性を広げ、ユーザーに仮想現実を満喫してもらうイベントだ」と豪語している。
今回の発表は、これまで認知度の低かったマスターベーション関連の産業に新たな光を当てるかもしれない。テック系ブログのアルステクニカは「過去10年で成人向けガジェットのSNSのFriXionやスマートバイブレーターのVibease等が登場したが、特許の問題でイノベーションが阻まれていた」と述べている。
一方でニュースサイトのThe Vergeは「ライセンシング目的で設立されたとみられる企業のHasSexの特許権は存続期間が終わろうとしている」と指摘している。

CamSodaの新サービスに必要なガジェットは同社のサイトから購入できる。それらは同サイトで使わなかったとしても、現実のパートナーと使用できるほか、
Kiirooのプラットフォームで相手を探して使用することもできるという。
同社は現状では女性向けのサービスは発表していない。ニュースサイトEngadgetによると、CamSodaのVRプラットフォームにはバグがあり、
接続の遅延が発生するほか、「大柄な男性社員が機器の調整のためにVR内に立ち入る」こともあるようだ。
リモート環境の「相互自慰行為」がセックス産業の将来に大きな役割を担うかどうかを判断するには、まだ時間が必要かもしれない。
それまでの関心事は、VRにありがちな過負荷による障害でせっかくの体験が中断されないかどうかだろう。

| | コメント (0)

2016年7月18日 (月)

ランダムに発生させた数字の大小を競うゲームを楽しむ?

どの程度時間を使うかだろうが、今時プログラムを全く見たこともない、というのも問題有りかな?。専用機のゲームソフトがいかにバケモノかよくわかるよ。普通に英語やるのが一番実用的だと思うよ。

ところで「イチゴジャム」って「ラズベリーパイ」をもじったつもり?

>政府が、2020年度から小学校でプログラミング教育を必修化する方針を打ち出す中、小中学生を対象にした民間のプログラミング教室が福井県内で人気だ。
運営者は「論理的思考力や想像力を養える」と、IT社会を担う人材育成に力を注いでいる。

 6月末の水曜午後6時すぎ。勝山市内の教室に小学3年から中学3年の男子6人が集まってきた。
県内のIT企業経営者3人が、14年に立ち上げたサークル「プログラミング・クラブ・ネットワーク(PCN)」が昨夏から開いている。

 「ベーシック」や「ジャバスクリプト」といったプログラミング言語をキーボードに打ち込む子どもたち。
パソコン画面の好きな場所に文字や数字を点滅させるゲームを作ったり、ランダムに発生させた数字の大小を競うゲームを楽しんだり、笑い声が絶えない。
竹内享汰君(勝山市北郷小5年)は「プログラミングを学び始めて10カ月ぐらいだけどゲーム作りは楽しいよ」と笑顔を見せる。

講師を務めるPCNの松田優一さん(39)=勝山市=は、プログラミングは上から下へ記述された順に処理していく「順次」など五つ程度の基本原則を覚えれば誰でもできると言い「課題解決に向けて筋道を立てて考える力や、思いついたアイデアを形にする力が鍛えられる」と強調する。

 鯖江市のNPO法人「エル・コミュニティ」は、昨年11月から市内で小中学生向けの教室を開講。
PCNのメンバー、福野泰介さん(37)=鯖江市=が子ども向けに開発したプログラミング専用パソコン「イチゴジャム」を活用している。

 講師の福井高専名誉教授、蘆田昇さん(66)=京都市=は「小さいうちは遊びでいい。楽しさが分かれば長続きし、自然とスキルが身につく」とし、
将来的にはものづくりに興味を持ってほしいと期待する。

 人工知能(AI)やビッグデータ解析などの高度なIT技術に対応できる人材を育てるため、文部科学省は20年度以降実施される次期学習指導要領で、
プログラミング教育を小学校で必修化し中学校でも拡充する方針だ。

 松田さんは県内の小中学校で出前授業も行っているが、教員が子どもたちと一緒に取り組む際「『文系だから…』と消極的な先生が多く、プログラミングの楽しさを子どもに伝えられるか不安」と懸念する。
プログラミング経験のない教員は多く、今後は研修などを通じた指導体制の確保に加え、大学生や定年後のエンジニアを授業で活用するなどの必要性を指摘する。

 SNSなどでPCNの取り組みを知り、近年は金沢や三重、仙台のほかモンゴルやベトナムからも「教育のノウハウを教えてほしい」と問い合わせが相次いでいるという。
松田さんは「福井の子どもたちが時代や世界に取り残されないようにしないといけない」と、IT教育の重要性を訴えた。

松田さん(右から2人目)のアドバイスを受けながら、ゲーム作りを楽しむ子どもたち=6月、福井県勝山市滝波町5丁目の地理情報センター
http://www.fukuishimbun.co.jp/modules/news0/photos/20160716213034_295848245.jpg

http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/school_education/100116.html

| | コメント (0)

2016年7月15日 (金)

マンション販売、バブル経済崩壊後の平成4年以来の低い水準

後手後手に回ってる空き家、空きマンション対策。都下の賃貸マンションの空き家率は30%にも及ぶという。分譲空き家の問題は住民の利害が交錯し意思決定が難しいこと。

国交省の石井大臣はなんとも影が薄い。ホッカムリを決め込んで「我が亡きあとに洪水よ、来たれ」を決め込んでいる。

建築業界が好調なときこそ手を付けないと。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160714/k10010595371000.html

先月までの半年間に首都圏で発売された新築マンションの戸数は1万4000戸余りと、バブル経済崩壊後の平成4年以来の低い水準となりました。
民間の調査会社不動産経済研究所によりますと、東京、神奈川、埼玉、千葉の1都3県で先月発売された新築マンションは合わせて3050戸と、去年の同じ月と比べ12.9%減りました。
新築マンションの発売戸数はこれで7か月連続で減少です。これにより、ことし1月から先月までの半年間の新築マンションの発売戸数は、去年の同じ時期より19.8%減少して1万4454戸となり、バブル崩壊後の平成4年以来の低い水準となりました。

発売戸数が減っているのは、マンションの建設費用の上昇で販売価格が高止まりして、消費者の購入意欲が減退しているためです。不動産経済研究所は「建設費用が落ち着いてきていて、新築マンションの価格の上昇に一服感が出てきている。ことし秋ごろから販売が減少している今の傾向が変わることが期待できる」と話しています。

| | コメント (0)

2016年7月12日 (火)

産業機械受注額が落ちている

景気のいい話は聞かなくなったなぁ。張り切っているのはKYのアベちゃんだけみたい。

>日本産業機械工業会(東京・港)が11日発表した5月の産業機械受注額は前年同月比39.7%減の2385億円だった。2500億円を切るのは2013年4月の2285億円以来で、過去3年間で最低だった。ボイラー・原動機やプラントなど1件あたりの金額の大きい受注が国内外ともに低水準で推移したことが響いた。

 内需は35.3%減の1734億円と、2カ月ぶりの前年同月割れ。自動車や情報通信用機器向けが不振だった運搬機械など全分野のうち過半を占める7つの分野が前年実績を割った。外需は49.8%減の651億円だった。

 累計でみると、1~5月で前年同期比3.4%減だった受注額は4~5月に同19.5%減となっており、受注水準が低下している。

http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ11H7D_R10C16A7TI1000/

| | コメント (0)

2016年7月10日 (日)

若者に車が売れないらしい。

仕事に使うか、彼女とドライブか? でなけば都会なら車は必要ないな。いっそアパートを引き払って車で生活するというコンセプトは? アメリカでは流行っているらしいが。

https://news.careerconnection.jp/?p=25710

トヨタ自動車が小型スポーツカーの「86」を約4年ぶりに大幅改良し、8月1日に発売する。7月6日の産経新聞の記事によると、トヨタが小型スポーツカーを投入するのは国内自動車市場の縮小に対する危機感があるためだという。

特に若年層の車離れに懸念を抱いているようで、同社の嵯峨宏英専務役員は記事中で「(20代など)若年層がクルマに夢を持たないと産業が持続しない」と語っている。

「年収より高い車なんて買うわけが無い」「このご時世200万以上も出せない」
元々、86は「みんなが買えるスポーツカーをつくろう」という思いのもと開発された。今回の改良にあたっても、若者に是非買ってもらいたいという思いがあるのだろう。だが、ネットではこの「クルマに夢」発言に反発の声が相次いでいる。そもそも今の若い世代は車を買うお金がなかったり、維持費は賄えない、というのだ。

「安月給で長時間労働で車使う暇もないのに、なんで買わなきゃいけないのが本音だと思う」「このご時世200万以上も出せないでしょ」「年収より高い車なんて買うわけが無い」記事によれば、86の車両価格は262万3320~325万800円。スポーツカーとしては低価格帯ではあるが、それでも若年層にはなかなか手が出ないのが現実だろう。内閣府の統計によれば、車の買い替えまでの年数は2人以上の世帯で8.1年。8年乗るとして、一番安いタイプであっても1年当たり約33万円だ。

さらに、維持費もかかってくる。ソニー損保が2015年に実施した「全国カーライフ実態調査」によれば、保険料、ガソリン代・燃料代、駐車場代、修理代といった車の維持費は平均月1万4300円。年間で約17万円だ。
車両代を合わせると年約50万円になる。
国税庁の「2014年分民間給与実態調査」によると、20代後半の平均年収は344万円、30代前半では392万円となっている。
最近は働きながら奨学金を返している人も多く、そこからさらに自動車のために年間数十万円支払うのは大変だろう。

2009年には「家庭用ゲーム機がいけない」と幹部発言
若者の車離れの背景には「車の必要性が減ってきたというのもある」という意見も出ていた。日本自動車工業会が4月に発表した「2015年度乗用車市場動向調査の概要」によれば、20代以下の社会人で車を持っていない人の59%が「車を買いたくない」と回答している。その理由として最も多かったのが、「買わなくても生活できる」(40%)だった。
これから増やしていきたいものを聞いた結果、「貯蓄」(50%)が最も高く、ローンを組みたくないという思いもあるようだ実際、ネットでも「車みたいな消耗品をローンで買う奴ってなんなの?バカなの?死ぬの?」という声があがっていた。

トヨタは、2009年にも幹部が車離れについて、「家庭用ゲーム機がいけない。あんなリアルな遊びがあったら、車なんか要らなくなっちゃう」と発言し、「他の物のせいにするとか、もう末期だな」「売れなければ安くすればいいんじゃないの」と批判を集めていた。
そもそも、なぜ若者が車を買わなくなっているのか、その前提がトヨタ側と当事者の若者側ですれ違っている可能性が高そうだ

| | コメント (0)

自動運転はもうそこまで来ている

これからの”お仕事”はこれか。あとスマホ。しかし、だんだんやることが難しくなってきた(泣)

日経

自動運転、日欧で基準 18年にも追い越し・合流で 

2016/7/10 1:03日本経済新聞 電子版

 日本とドイツ、フランスなどの欧州主要国は自動運転の共通基準をつくる。まず2018年にも高速道路で人がハンドル操作せずに追い越しや合流ができる車を走れるようにするためのルールを設ける。参加国はこれを国内の基準に採用する。自動運転車で先行する米国は独自にルールをつくる方針だが、日欧が連携し共通基準の採用を働きかける。

 

| | コメント (0)

2016年7月 5日 (火)

インバウンドブームは早くも”終了”らしい

民泊がダメとなると、いよいよ空き家、空き室問題が深刻化。オリンピック後は”悲惨”だな。

ウチのマンションの大規模改修はオリンピック直後に設定してるよ。現金払いだよ。

http://www.nikkei.com/article/DGXLZO04186790Y6A620C1QM8000/

 ビジネスホテルの業界団体、全日本シティホテル連盟(東京・品川)が28日まとめた5月の客室稼働率は、前年同月比3.9ポイント低い76.8%だった。7カ月連続で前年同月を下回った。熊本地震や円高で訪日外国人(インバウンド)を中心に需要が伸び悩んだ。

 九州地方は19.8ポイント低い57.5%。熊本県は復旧作業に伴い宿泊客が増えているが、長崎など周辺県の観光客が減った。東京都も7.1ポイント低い83.9…

| | コメント (0)

2016年7月 3日 (日)

トヨタ、家庭用ロボ量産 高齢者の生活補助・介護向け

SPI , I2C 商売はこの辺かな?ardiunoでよければやりますよ。

http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ01HCU_S6A700C1MM8000/

トヨタ、家庭用ロボ量産 高齢者の生活補助・介護向け 
19年度にも
2016/7/3 2:01日本経済新聞 電子版

 【ライプチヒ=戸田健太郎】トヨタ自動車は開発中の家庭用ロボットで2019年度にも量産体制に入る。高齢者の生活の補助や介護に使えるロボットで、まず20年度までに累計1千台程度の供給をめざす。ロボットは製造技術や制御技術の蓄積を生かせる新たな成長分野。外部の研究機関や企業との協力を通じて機能を高めていく。

 量産するのは12年に発表し、改良を重ねる「HSR(ヒューマンサポートロボット)」。

| | コメント (0)

2016年7月 2日 (土)

スエーデンで電気道路(Electric Road)が実用化

盗電対策はどうするんでしょうか?

http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1607/01/news050.html
http://image.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1607/01/scania4_sj.jpg
http://image.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1607/01/scania2_sj.jpg

 世界で初めての「電気道路(Electric Road)」がスウェーデン中部のイェヴレ市で6月22日から利用できるようになった。片側2車線の公道のうち外側の1車線の上部に、電力を供給する架線が2キロメートルの長さで伸びている(図1)。

パンタグラフが架線から外れると、トラックは蓄電池に充電した電力を使いながら通常のエンジンを併用して走ることができる。充電容量が5kWh(キロワット時)のリチウムイオン電池を使って最長3キロメートルの走行が可能だ。
トラックの排気量は9リットルで、360馬力を発揮する。車両の総重量は9トンある(図3)。

「電気道路」はスウェーデン政府と民間企業が共同で出資して設置した。投資額は1億2500万スウェーデンクローネ(SKE)で、日本円に換算すると約15億円になる(1SKE=約12円で換算)。スウェーデン政府は2030年までに化石燃料で走る自動車を削減する計画を進めていて、その一環で「電気道路」のプロジェクトにも公的資金を投入した。

 スウェーデンでは再生可能エネルギーによる電力の割合が50%を超えている。ハイブリッド電気トラックを走らせると、CO2(二酸化炭素)の排出量を最大90%削減できる見込みだ。エネルギーの消費量はガソリン車やディーゼルエンジン車と比べて50%以上も少なくて済み、燃費の点でも有利になる。

 ハイブリッド電気トラックを開発したスカニアは、無線(ワイヤレス)で充電できるハイブリッド電気バスも開発済みだ。
道路の下に埋設した充電器から、バスの床下に装着した受電装置まで電力を送ることができる(図4)。
受電した電力をバスの屋根に搭載した蓄電池に充電しながら走る。すでにテストを完了して、まもなくスウェーデン南部のセーデルテリエ市で運行を開始する予定だ。

| | コメント (0)

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »