« PIC調光RGBをバージョンアップしました。   | トップページ | スエーデンで電気道路(Electric Road)が実用化 »

2016年6月29日 (水)

プログラムが教育の現場で取り入れられようとしている。

ホントにプログラムを書いた人が言ってるのかどうか、かなり疑問。プログラマーが足りないのは事実だろうが、これは一時期ムチャクチャに給料が安かったから。今、募集広告を見るとなかなかのもんですよ。

オブジェクト指向のプログラムならほとんどクラスライブラリーの知識で決まってしまう。これは輸入品だから、取説がほとんど英語。しかも言語が時代遅れになるとその知識はほとんど役に立たない。

汎用性なら”英語”そのものを勉強した方がいいと思うよ。クラスの取説を読んだおけげで結構”英語”が読めるようになった。無論、書けない、話せない(藁

sssp://img.2ch.net/ico/samekimusume32.gif
子供たちにプログラミング教育を。そんな国の方針もあって、さまざまな試みが教育の現場で取り入れられようとしている。
教育に関連したIT製品やサービスが集まった展示会でも、子供のプログラミング教育に役立ちそうな教材やスクールが幾つも紹介されていた。

ディー・エヌ・エー(東京都渋谷区)取締役会長の南場智子氏も講演を行って、「コンピューターに指示を出せる人材をどれだけ輩出できるかが、その国の競争力に直結する」と指摘。コンピューターを使えるだけではなく、プログラミングできる人材を早くから育てる必要性を訴えていた。

*+*+ SankeiBiz +*+*
http://www.sankeibiz.jp/econome/news/160629/ecd1606290700001-n1.htm 

|

« PIC調光RGBをバージョンアップしました。   | トップページ | スエーデンで電気道路(Electric Road)が実用化 »

天下の情勢」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。