« やっぱり覇者はトヨタなのか? | トップページ | フルカラーLED制御が売れている »

2016年6月22日 (水)

3Dプリンタは進化している。

金型を使わなくてもプラスチックの曲線加工ができる。模型屋さんでも使い始めてるよね。
>3Dプリンタと構造最適化による革新的な構想設計!適用事例を公開!
3Dプリンタと構造最適化による革新的な構想設計!適用事例を公開! http://www.ipros.jp/public/product/image/004/2000242571/IPROS5728446416998747129.png 単なるソフトウェアやツールの導入だけでは、スピード感のある、業務に根付いた問題解決はままなりません。 ISIDの「ものづくりソリューション」は、開発・設計・生産技術・製造の現場や、ものづくり全体プロセスでの「悩み」や「お困り」を、問題/課題解決の視点でご支援します。 ISIDは、日本でのCAEの伝道者としての30数年以上の実績・ノウハウと、選びぬいたITツールを融合させて、お客様の問題/課題解決のご支援をします。 株式会社電通国際情報サービス(ISID) エンジニアリングソリューション 設計・生産支援 > CAE > 構造解析
  • 「3Dプリンター×トポロジー最適化」が生み出す、新しいデザインと構想設計プロセス!最新事例の冊子を無料進呈!どうぞお手元に!
    株式会社電通国際情報サービス(ISID)
    昨今、急激に3Dプリンターの活用が普及してきました。一方、導入はしたものの、
    うまく製品設計のプロセスに活用できていないというお話もお聞きします。

    実は、3Dプリンターとトポロジー最適化(※構造最適化の手法)を組合せて利用することで、
    今までにない“新しい”かつ“設計要件を満たした”デザインを形にすることができ、革新的なプロセスで
    構想設計をおこなうことができます。

    それによって、「軽量化」や「開発期間の短縮」によるコスト削減や、斬新な製品・部品の設計製造が可能となります。

    今回は、「3Dプリンター」と「トポロジー最適化」により、「軽量化」や「コスト削減」を実現させた複数の適用事例と、
    「構造最適化」の技術コラムを掲載した冊子を無料で進呈します!

    今すぐ、「カタログをダウンロード」より、冊子のPDFをダウンロードしてください。

|

« やっぱり覇者はトヨタなのか? | トップページ | フルカラーLED制御が売れている »

3D」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。