« 楽天・ヤマト、ドローン宅配の事業化検討 千葉で実験 | トップページ | 車の自動化よりは早そう 農機具自走 »

2016年3月 3日 (木)

visualestdioで苦戦中

andoroidoでリモコンを作ろうと思ってandoroidosutadioを無料インストール。ただしpyper-Vが必要とかで13.000円。VISUALSUTDIOでもandoroidoアプリが作れるとの触れ込みだがZamrinが必要、これ12万もするんだよ。IOSはmacが無いと無理。
 でもjavaはCの経験があれば簡単。でも無線が繋がるのはいつの日か・・(u_u。)

http://trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/column/15/020400040/021500014/

 パソコン、スマホ両方で巻き返しを図る「Windows」ですが、その逆襲策は成功するのでしょうか?
 マイクロソフト事情に詳しいフリーランスジャーナリスト山口健太氏が解き明かします。後編記事では「Windows 10スマホ」を取り上げます。
 iOS、Androidに続くモバイルOSとして期待されてきた、マイクロソフトの「Windows Phone」。2010年に登場したバージョン7以降、
段階的な進化を遂げてきたにもかかわらず、世界のモバイル市場でのシェアは長らく低迷してきた。
 だが2015年の暮れ頃から、パソコン向けのWindows 10とOSを統合した最新版「Windows 10 Mobile」が徐々に盛り上がってきた。
特に日本では対応端末が続々と発売され、注目度は高い。果たしてWindows 10 Mobileを契機に、マイクロソフトがモバイル市場で
反撃することはできるのだろうか。
 Windows 10を中心に見てきた前編記事に続き、後編ではマイクロソフトの新しいモバイルOS「Windows 10 Mobile」
やそれを載せた端末「Windows 10スマホ」の可能性を探っていく

|

« 楽天・ヤマト、ドローン宅配の事業化検討 千葉で実験 | トップページ | 車の自動化よりは早そう 農機具自走 »

オリジナル基板」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。