« 仮想現実ゲーム用ゴーグル型端末をソニー発売へ、業績完全復活の牽引役も期待 | トップページ | スイッチサイエンスがハンダ付けカフェ開催 »

2016年3月18日 (金)

シャープは世界で初めてとなる蚊取り機能を備えた空気清浄機を発表

シャープといえば液晶だがその液晶は過剰投資で大赤字。でも、プラズマクラスターなんかは好調なんだよね。風前の灯といえば東芝も同様だがテレビコマーシャルがんがんやってる。どうなってるんだろ? その東芝は半導体に大規模投資を行うと発表したとたん株価が暴落w。 まあ、日立もそうだったけど、大手はしぶとく生き残るからなぁ。

>シャープは世界で初めてとなる蚊取り機能を備えた空気清浄機を発表した。シャープが17日に発表したのは、蚊をおびき寄せて吸い込んでしまう空気清浄機。蚊の好むサイズの小窓を備え付け、蚊が近づくと空気の流れで吸い込み、内部の粘着シートで捕獲する仕組み。

東南アジアで蚊に悩む声が多いことから、去年10月にマレーシアなどで先行発売したところ、予定の2倍の売れ行きとなったという。日本でも2014年、東京の代々木公園で蚊の駆除が行われるなど社会問題になったことなどから、需要が多いと見込んでおり、来月、発売する予定。

|

« 仮想現実ゲーム用ゴーグル型端末をソニー発売へ、業績完全復活の牽引役も期待 | トップページ | スイッチサイエンスがハンダ付けカフェ開催 »

天下の情勢」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。