« マンション販売が低迷 | トップページ | 音声合成ユニット »

2016年2月18日 (木)

USJは絶好調

帝国主義国家→産業国家→金融国家→観光国家→テロ国家 の順番かな?

http://response.jp/article/2016/02/13/269665.html

現在、「ユニバーサル・クールジャパン 2016」を開催中のユニバーサル・スタジオ・ジャパンでは“春節”を迎えた今週も、連日大勢の訪日外国人ゲストが訪れ、日本発のエンターテイメント・ブランドを満喫している。
USJ独自調査によれば、過去最高を記録した2014年度を大幅に上回る、前年比185%の来場者数(2016年2月現在)を記録しているという。
パークに来場する訪日外国人ゲストには、「ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター」をはじめ、期間限定開催中の「ユニバーサル・クールジャパン 2016」などが人気を博している。パーク内では、「エヴァンゲリオン・ザ・リアル4-D:2.0」の「エヴァンゲリオン初号機ポップコーンバケツ」を大量購入して両手に持って歩く訪日外国人ゲストが大勢見受けられるほか、パーク内のセットや人気キャラクターと一緒に写真撮影をする「フォト・オポチュニティ」も人気。全体購入者の約半分が、訪日外国人ゲストだという。

1月25日に発表となった「春節旅行者が選ぶ世界人気都市」ランキング(出典:Airbnb)では、大阪が第1位を獲得。パークをはじめ、鉄道やホテルなどの近郊施設もにぎわいを見せていて、格安航空会社(LCC)が増便した関西国際空港では、国際線外国人旅客数で初の1,000万人超を記録。過去5年間で利用率374%と成田空港や羽田空港を上回る伸び率を示しているという。

昨今、訪日外国人の訪日目的が“モノ”消費から、レジャー・美容・スポーツなどの体験を伴う“コト”消費へと変遷しているなか、テーマパークであるユニバーサル・スタジオ・ジャパンへの関心度も高まっていることを示す数字に。6月26日(日)まで開催中の「ユニバーサル・クールジャパン 2016」にどれだけの訪日外国人ゲストが訪れるか注目だ。

協力・画像提供:ユニバーサル・スタジオ・ジャパン

|

« マンション販売が低迷 | トップページ | 音声合成ユニット »

天下の情勢」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。