« マンション価格がバブル期を上回った。 | トップページ | 問題山積 住宅問題 »

2016年2月23日 (火)

東京の広告会社が破産 旭化成の自粛が影響

電通クラスになれば事情も違うだろうが、広告は水商売。バブルの崩壊のトラウマもある。
 マンション業界、どうなりますか。

http://www.sankei.com/main/topics/main-30867-t.html

東京の広告会社が破産 旭化成の自粛が影響
 

【マンション傾斜問題】 .

.
 広告制作会社の山映(東京)が、東京地裁から破産手続きの開始決定を受けたことが20日、分かった。13日付。東京商工リサーチによると、横浜市のマンションのくい打ちデータ改ざん問題を受け、旭化成グループが広告を自粛した影響で、受注が途絶えて資金繰りが悪化したという。

 山映の負債総額は約1億4千万円。マンション、住宅販売業者の新聞折り込みチラシなどを多く手掛けていた。

|

« マンション価格がバブル期を上回った。 | トップページ | 問題山積 住宅問題 »

天下の情勢」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。