« 2016年は「住宅バブル」が終焉する年になる | トップページ | カシオが「スマートウォッチ」防水や耐衝撃性能 »

2016年1月 6日 (水)

電通が海外企業を買いまくっている。

広告の主流になるのはインターネットだろうが、この分野で電通のような代理店が必要なんだろうか? やっぱりグーグル圧勝という気もするが・・・

http://news.infoseek.co.jp/article/zuuonline_93512/?p=1

テレビや新聞など国内メディア向け広告を中心にビジネス展開してきた日本最大の広告会社・電通が、海外企業の買収によって一気にグローバル・ネットワークを確立しようとしている。

■電通の海外展開の基本戦略はM&A

急速に海外展開を進める電通の基本戦略はM&Aだ。2012年は3社に留まっていた買収(または株式取得による経営権獲得)の案件数は13年には12社、14年には15社、15年では21社と、年々加速させて規模も拡大させている。以下はその案件のごくごく一部だ。

|

« 2016年は「住宅バブル」が終焉する年になる | トップページ | カシオが「スマートウォッチ」防水や耐衝撃性能 »

天下の情勢」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。