« これは3Dディスプレイ | トップページ | ardiubo+pic+7セグ »

2014年9月29日 (月)

商売になるかな?

不謹慎とは思いますが、これは注目。

>富士フイルムは、グループ会社が開発したエボラ出血熱には未承認ですが、治療には効果が見込めるとされる薬が、 緊急対応としてフランス人の患者に初めて投与されたことを発表しました。

発表によりますと、富士フイルムのグループ会社の富山化学工業が開発し、エボラ出血熱の治療にも効果が見込めるとされる薬の「ファビピラビル」が、 エボラ出血熱の患者でフランス人の女性に投与されたということです。
この薬はエボラ出血熱の治療薬としては承認されていませんが、今回はフランスの政府機関の要請を受けて日本政府と協議した結果、 緊急対応として今月19日からエボラ出血熱の患者に初めて投与されたということです。

薬の投与を受けたフランス人の患者は、西アフリカのリベリアで医療活動に従事していた看護師の女性で、現在はフランスで治療を受けているということです。
エボラ出血熱を巡っては、安倍総理大臣が日本時間26日未明、ニューヨークで開かれた国連の会合で、日本企業が開発した効果の見込める薬の 提供などを行う考えを示していて、富士フイルムは、今後も患者に提供できるかについて引き続き協議するとしています。
富士フイルムによりますと、今回の投与は、ほかの未承認薬と併用する形で行われているということで、症状が改善しているかどうかは 「メーカーの立場からはコメントできない」としています。

この薬はインフルエンザの治療薬ですが、重い副作用を引き起こす可能性があることから、厚生労働省が条件付きで承認したものです。
 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140926/k10014907301000.html

|

« これは3Dディスプレイ | トップページ | ardiubo+pic+7セグ »

天下の情勢」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。