« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月25日 (金)

3Dプリンタビジネスが続々

 

《 3Dプリンターを活用した新事業/ビジネスの創出・最新動向と実用化・成功事例 》 
  ★世界中で活発化している3Dプリンターを利用した新事業、ニュービジネスの現況・動向と活用事例!!
  ★次々と生み出される国内外で展開中の多彩かつ魅力的な事業化例を詳説!!【セミナー開催ご案内】

 産業構造、社会を大きく変革させる3Dプリンターの開発、活用に向けて、先行する欧
 米を始め、世界中が国を挙げて積極的に取り組んでおり、激しい開発競争、市場争奪

 戦が展開されています。それにより、技術は目覚しい進展を遂げ、今まで不可能だっ

 た数万円の超低価格機、フルカラー/マルチマテリアル対応機、 金属製品を造形する

 十数万円のアメリカ製家庭用3Dプリンターや 現在のパーソナル3Dプリンターで使用
 できるオランダ製金属材料および、造形の高速化、造形品の高品質化を大幅に実現
 する新型の3Dプリンターが相次いで開発され、応用分野が急拡大しております。
 このように続々と製品化される多種多様な3Dプリンターを活用して、フィギュアや建築
 模型等の造形品の出力サービス、 3Dデータや立体造形品をインターネット上で売買
 するマーケットプレイス、3D写真館、3Dプリンターフード・レストラン、3Dファッション
 ストア等の次世代を担う斬新かつ魅力的な新事業、ニュービジネスが世界中で始まっ

 ており、大きな産業へと発展しつつあります。
 当セミナーの講師の廣瀬勇一氏は、2013年1月に㈱ロイスエンタテインメントを設立
 し、3Dプリンターを使用した3Dフィギュア製作サービス、3Dデータ制作&3Dプリンタ
 ー出力サービス等を提供されています。 更に、同年の10月に大阪3Dプリンタービジ
 ス研究会(O3D)を設立して、3Dプリンターを活用した新しいビジネスを研究中です。
 当研究会の登録メンバーは、大手製造業、大手サービス業から個人の3Dデザイナー

 まで幅広く、現在100名を超え、さまざまなパターンで3Dプリンターを活用したビジネ
 スの事例を共有し、新規チャレンジを行っています。
 そこで本セミナーでは、大阪3Dプリンタービジネス研究会を始め、国内外で繰り広げ
 られている 3Dプリンターの抜群の特徴をフルに活かした数々の新しい事業やビジネ
 スの情報収集、分析、研究をされている廣瀬勇一氏が、2014年の3Dプリンターの3
 つの限界と2016年の予測、3Dプリンターの最近の利用分野、3Dプリンターで今す
 ぐできるビジネス、3Dプリンターで今後生まれてくるビジネス、3Dプリンターの生み出
 す7つの未来予測等について、大きな可能性を秘めた3Dプリンター活用の新事業や

 ビジネスを検討、これから立ち上げたい方、最近始められた方が実践ですぐに役立ち

 ますよう解説致します。

 当セミナー開催にあたり、講師の廣瀬勇一氏は以下のように述べられています。
 『近年、3Dプリンターに対する関心が急速に高まっています。3Dデータがあれば「モ
 ノ」を作れるという技術は、全ての人の心を躍らせます。 欧米・アジアでは多くの企業
 が 新型3Dプリンターの製品開発・用途開発にしのぎをけずっており、 第三の産業革
 命が起きるのではないかとの期待が高まっています。
 しかし、2014年現時点での3Dプリンター製品はさまざまな制約を持っており、ビジネ
 ス上での活用範囲はまだまだ限定されてしまっています。そのため3Dプリンターに興
 味を持ちつつも様子見をしている日本企業が多いのが現状です。
 今回は、そうした状況下でも 3Dプリンターを活用した新事業/ビジネスの創出に挑戦
 している 企業・個人についての情報をまとめ、3Dプリンターをビジネスに生かす最新
 動向と実用化・成功事例をご紹介します。 あわせて、3Dプリンターの進化とともに起
 こるであろう社会変化や今後の展望についてもご紹介します。』

 開催内容(8月26日開催)の詳細は下記の通りです。

  3Dプリンターを活用した新事業/ビジネスの
       創出・最新動向と実用化・成功事例及び今後の展望
      http://www.j-tic.co.jp/h60826.htm

 上記のセミナーをお申込みの方は、下記セミナーの受講料29,000円の場合は
 半額の14,500円、39.000円の場合は17,000円割引の22,000円にてお受
 け致します。
 先着(ご入金順)3名様までです。他の方が代理での受講はお受け致しかねます。

 ●アメリカ最新3Dプリンタービジネス事例研究セミナー            
      http://www.j-tic.co.jp/h60804.htm
    3Dプリンターの新開発、サービスで飛躍的な発展を遂げる先行アメリカの最新動向と成功例を
   具体的に解説し、出遅れる我が国の新事業化・ビジネスの早期立上げ法と新展開戦略を語る。

 ● 3Dプリントサービスで急伸するDMM.comが目指す
        日本最大の『“ものづくり”プラットフォーム』の全貌
      http://www.j-tic.co.jp/h60805.htm
   ものづくり社会・産業を大きく変革させる斬新かつ魅力的な新サービスの開発、提供が相次ぐ。
   日本の3Dプリントサービス、ものづくり産業・企業の行く末を大きく左右するDMM次世代戦略。

 ●本格化する積層造形装置を用いた金属製品・金型の
            製作技術と適用・提供事例及び今後の展開
      http://www.j-tic.co.jp/h60822.htm

| | コメント (0)

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »