« ユニバーサル・スタジオ・ジャパンが新テーマを新設 | トップページ | arduino始めました。 »

2014年3月10日 (月)

3Dプリンターが急成長

模型業界も時間の問題で3Dプリンターの時代になりそう。

以下転載

>《 3Dプリンターが切り拓く新ビジネス/サービスの最新動向と開発・提供事 》
  ★先月、重要なレーザー焼結法の特許切れ。高品質の造形品が超低価格で製作、購入!!         
                                     ~セミナー開催のご案内~

 急成長を遂げている3Dプリンターは、パーソナル分野では数万円~十数万円の
 超低価格機が続々と発売されており、個人でも購入が可能な価格帯になるととも
 に、3Dデータの作成、取得が格段に容易になってきました。また、産業分野では、

 試作や製造の大幅な期間短縮とコスト削減を実現できるため、大手・先進企業で
 導入が相次いでおります。 最近、金属積層造形技術・装置の開発が急速に進み
 3Dデータからダイレクトに最終製品の造形が可能になり、 今後は急速に発展す
 ることと思います。 更には、高額なため今まで高精度・高精細が要求される産業
 分野のみで使用していた重要なレーザー焼結法(SLS)の特許が先月切れて、数
 年後には同特許を使用している3Dプリンターが超低価格で購入できるとともに、
 高品質の造形品が超低コストで製作可能となるでしょう。
 そこで本セミナーでは、国内の更なる躍進を目指し 魅力的なビジネス・サービス
 を開発、提供している 話題の先進企業の第一線でご活躍されている講師陣が、
 本格普及への取り組み、最新動向、提供事例、今後の開発・事業展開、等につい
 て具体的に解説致します。

 当セミナーの講義内容の概略は下記の通りです。
 〔第1講〕 3Dプリンターの一層の発展を目指し、課題となっている使用素材の開

 発が急ピッチで進められ、その開発がニュービジネスとして誕生しつつあります。
 アメリカとヨーロッパを中心にして興りつつある3Dプリンター用素材開発ベンチャ

 ーを精力的にリサーチしている ジャパン・コンサルティングの代表コンサルタント

 の前田健二氏が、その現状と今後の展開を解説致します。  また、3Dプリンター
 用素材のビジネスモデルと今後の発展的形態につき考察を加えます。
 〔第2講〕 昨年の7月に 3Dプリントサービス “DMM 3Dプリント” をリリースして
 躍進を続ける DMM.comは、好評の出力代行サービスに加え、新たに11月に
 はクリエイター自らが3Dデータを出品して造形物の販売ができる マーケットプレ

 イス “クリエイターズマーケット” をリリースしました。同社3Dプリント事業部長の
 白井秀範氏が、 両サービスの最新動向と提供事例および、今後 追加予定のサ
 ービスや設備等にも触れ、 “DMM 3Dプリント” サービスの狙いや目指す方向

 性を解説致します。
 〔第3講〕 エフ・プラット㈱が、全世界より9,000人以上のクリエイターが登録して
 いる“ファーストデザイン”にて提供を開始した、プロの3DCGクリエンターや商品
 デザイナー、CADオペレーター等に3Dプリンター用のデータ制作をWEB経由で

 依頼できるサービスについて、同社取締役の藤田健氏が その概要・最新動向、
 クリエイターの活用事例、等を解説致します。
 〔第4講〕 3Dプリンターや工作機器の普及に伴い、個人がものづくりに関わりや

 すい時代になってきました。そのような背景で、個人が自由に気軽に価値あるも
 のをつくり共有し、販売できる安全な「場所」が今まで以上に必要とされています。

 1月にものづくりマーケットプレイス・コミュニティサイト“Fabma”のサービスを開
 始した㈱コギトのCEOの西川禎氏が、サービス立ち上げの背景とサービス内容、
 3Dプリンターの発展と共に Fabma が目指す方向性について解説致します。
 〔第5講〕 3Dデータからダイレクトに金属製品・金型を造形できる 金属粉末積層

 造形技術・装置の開発が 目覚しい進展を遂げており、今年はなかり普及が進む
 だろうと期待されています。 金属造形に積極的に取り組まれ、高精度、短納期、
 低コストで画期的な造形サービスを提供されている ㈱J・3D の代表取締役社長
 の高関二三男氏が、 最近の金属積層造形技術・装置の現況と最新開発動向、
 金属造形ルール、造形品と提供事例、今後の課題・展開、等を解説致します。
 〔第6講〕 良い物、素晴らしいものを作りたいという、 ものづくりクリエイターにとっ
 て資金的課題が大きな壁になっています。 その課題を解決するために、クリエ
 イターが作りたい製品イメージを掲載して多くのファンから資金を集める3Dクラ
 ウド・ファンディング・サービス を提案し、そのサービスに積極的に取り組まれて

 いるEmotional Brains㈱の代表取締役の横田洋一氏が、昨年の10月にリリー
 スした 同サービス “Okuyuki” の概要・提供内容、最新動向、今後の取り組み、

 等について解説致します。

 開催内容(3月20日開催)の詳細は下記の通りです。
 当セミナーは1名様の受講料 39,000円で 2名様 が受講できます。

  3Dプリンターが切り拓く新ビジネス/サービスの
            最新動向と開発・提供事例及び今後の展開
      http://www.j-tic.co.jp/h60320.htm

 上記セミナーをお申込みの方は、下記のセミナーの受講料を半額の19,500円
 にてお受け致します。 先着(ご入金順)3名様までです。
 他の方が代理での受講はお受け致しかねます。

 ●3Dプリンターが創出する魅力的な新サービスの
            最新動向と提供内容・事例及び今後の展開
     http://www.j-tic.co.jp/h60319.htm
   ゴムライク樹脂、金属粉末の新材料による、従来不可能だった多種多様な立体造形サービスや、
   オリジナル3Dお菓子型、クラウドファンディング等の斬新かつ画期的な有望サービスが相次ぐ。
   ※当セミナーは1名様の受講料 39,000円で 2名様 が受講できます。

 ●最新積層造形技術・装置を用いた金属製品・金型の
                製作技術と適用事例及び今後の展開
     http://www.j-tic.co.jp/h60325.htm

|

« ユニバーサル・スタジオ・ジャパンが新テーマを新設 | トップページ | arduino始めました。 »

3D」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。