« 精密住宅模型は3Dプリンターに | トップページ | 核融合は実用化されるか »

2014年1月 8日 (水)

なんと食品用の3Dプリンターが登場

食べ物の出力が可能な3Dプリンター「ChefJet」が2014年の後半にリリース予定

NASAから資金援助を得て、食べ物を作り出す3Dプリンターの開発が行われていましたが、 これよりも一足早く食べ物の出力が可能な3Dプリンター「ChefJet」が登場しました。
水・砂糖・フレーバー・着色料を投入することで、さまざまな形・色・風味のキャンディや
砂糖菓子を作ることができます。

これがChefJetで、リアルタイムでゆっくりと砂糖菓子を作ることができます。
http://i.gzn.jp/img/2014/01/08/chefjet-3d-printer-candy/01.jpg

ChefJetが出力するものにつけられる色は白色か黒色のみ。ただし、複数の異なるフレーバーの
砂糖菓子を出力可能です。
http://i.gzn.jp/img/2014/01/08/chefjet-3d-printer-candy/02.jpg
こんなに複雑な形や柄の砂糖菓子も作成できてしまいます。
ChefJetの価格は5000ドル(約52万円)を想定しているとのことです。
http://i.gzn.jp/img/2014/01/08/chefjet-3d-printer-candy/03.jpg

そしてこちらがChefJet Pro。ChefJetよりも大きく中に2人か3人ぐらい入れそう。
http://i.gzn.jp/img/2014/01/08/chefjet-3d-printer-candy/04.jpg

作成可能な形はChefJetと同じですが、ChefJet Proでは出力するものに色をつけることが可能なので、 写真のようなカラフルなキャンディを作ることもできます。
http://i.gzn.jp/img/2014/01/08/chefjet-3d-printer-candy/05.jpg
http://i.gzn.jp/img/2014/01/08/chefjet-3d-printer-candy/07.jpg

こちらのChefJet Proの価格は1万ドル(約104万円)近くになる予定。3D Systemsの代表は、
「ChefJet Proならば、結婚式のウエディングケーキに置かれている砂糖菓子のような
新郎新婦の顔や服を細かく表現したものを作ることも可能です」とコメントしています。
なお、これらの3Dフードプリンターは2014年の後半に発売される予定とのことです。
http://gigazine.net/news/20140108-chefjet-3d-printer-candy/

|

« 精密住宅模型は3Dプリンターに | トップページ | 核融合は実用化されるか »

3D」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。