« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月18日 (金)

パナソニックが肌を綺麗に見せるLEDを発表

以下転載

パナソニック電工(株)(本社:大阪府門真市、長榮周作社長)は、LEDの
波長制御応用技術によって、肌の色やモノの色をより美しく自然に見せるLED照明技術を開発。
来春より店舗空間の演出性を高める「美光色」シリーズとして店舗市場向けに順次発売する計画だ。

同社は、光の質にこだわった独自に開発した「肌の色の好ましさ」を評価する
指標「PS(PrefereNCe Index of SkiNColor)」を持つ。それによると日本人女性の
「きれいな肌の色」は、ある特定の色に集約できることが判明。その理想的な肌の色と
実際の肌の色のずれを数値化しており、肌のくすみが目立つ原因となる570~580nmの
LEDの光の波長を抑制することで、肌の色を美しくみせることができるという。

また、色ムラを抑制するために、LEDチップと蛍光体の配合や発光部の形状を最適化することで
「美光色LED」を実現。肌の色を美しく見せるだけでなく、平均演色評価数も高く
設定することで、展示製品などのモノの色を自然に見せることができる。

 今後、LEDの省エネ性に加え、肌の色が美しく見える指標「PS」と高演色を両立する
「美光色LED」技術が、高い演出性が求められる店舗空間で採用されると見込んでいる。
なかでも、鏡を見て、実際に製品を手肌につけて試す、化粧品売場、アクセサリー売場、
フィッティングルーム、パウダールームなどへの提案を行なっていく予定だ。

http://house.data-max.co.jp/2011/11/led_1116_dm1408_1.html

| | コメント (0)

2011年11月11日 (金)

徳島はLED大国だった

新宿のリビングディザインセンターOZONE内にLED関連企業のショールームを設置。

LED展示施設

| | コメント (0)

2011年11月 9日 (水)

エプソン、新型ディスプレィ投入

以下、転載。

★世界初の透過型ヘッドマウントディスプレイ、セイコーエプソンが投入

・セイコーエプソンは9日、眼鏡型のヘッドマウントディスプレー「MOVARIO(モバリオ)
 BT-100」を25日に発売すると発表した。民生用としては世界初のシースルータイプで、
 映像を見ながら周囲の状況も確認できるのが特長だ。

 モバリオは眼鏡型ディスプレーと専用端末を有線接続して使用する。端末は米グーグルの
 基本ソフト(OS)「アンドロイド2.2」を採用し、端末に取り込んだ映像に加え、無線LAN経由で
 ネット上のコンテンツも表示できるため、再生機器がない屋外でも視聴できる。

 眼鏡型ディスプレーには高温ポリシリコンTFT液晶を搭載。仮想視聴距離は最大20メートルで、
 遠方に視線を向けると画面サイズは320型相当に感じるという。

 3D映像の再生方式は左右それぞれに独立した画像を表示する「サイドバイサイド方式」を
 採用した。ディスプレー部に着脱可能なヘッドホンも備えているが、専用端末から電源供給を
 受けるために軽量で、最大6時間の連続視聴が可能だ。

 市場想定価格は5万円台後半で、初年度の販売目標は国内で1万台。
 http://sankei.jp.msn.com/economy/news/111109/its11110917180001-n1.htm

※画像:http://sankei.jp.msn.com/images/news/111109/its11110917180001-p1.jpg

| | コメント (0)

新型ASIMO、画像付き

しっかり進化してます。

新型ASIMO

| | コメント (0)

2011年11月 5日 (土)

2011東京モーターショーは12月3日より

リーマンショックで低調だった前回のリベンジか。会場は東京ビッグサイト、閉館が8時まで延長され割安なナイター券も販売される。

東京モーターショー

| | コメント (0)

2011年11月 4日 (金)

核融合がもしかしたら実用に?

以下転載

★核融合研、イオン8000万度Cの高温プラズマ生成に成功

・【名古屋】核融合科学研究所はイオン温度が8000万度Cの高温プラズマの生成に成功した。
 プラズマ周辺部の密度を下げることで従来の最高温度より500万度C高めた。
 常に高温状態を維持できる方式としては世界最高記録という。核融合発電に必要な
 1億度Cに少し近づいた。

 同研究所は超電導核融合実験装置の大型ヘリカル装置(LHD)で高温プラズマを
 発生させている。今回、LHDを洗浄した際に壁に付着した水素ガスを、電磁波で
 生成したプラズマで取り除くことでプラズマ周辺の密度を下げた。これによりプラズマ
 中心部のイオン温度が上昇した。

 今後は2012年3月末をめどに高性能排気装置を設置し、プラズマ周辺密度を制御
 しやすくする予定で、さらなる温度上昇が見込めるという。

 http://www.nikkan.co.jp/news/nkx0720111104eaah.html

| | コメント (0)

2011年11月 2日 (水)

スカイツリー周辺マンション 売れ行き好調

2LDKで4千万円(仰天)

関連記事

| | コメント (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »