« マンションの高圧受電化が進んでいる | トップページ | ディズニーリゾートの客足が戻った。 »

2011年10月21日 (金)

未来科学館、これは面白そう

以下、転載

防衛省技術研究本部が開発した空飛ぶ球体のデモ飛行が20日、東京・江東区の日本科学未来館で
始まった「デジタルコンテンツEXPO2011」で報道陣に公開された。

大きさは直径約40センチで、重さはわずか350グラム。遠隔操作で球体内部のプロペラを回転させ、
水平、垂直方向へ自由自在に飛ぶ。最高時速は推定60キロ・メートル。ペットボトルなど
身の回りにある素材を利用しており、製作費は11万円だった。

狭い建物内部にも入っていける小回りの利く飛行が最大の特徴。ヘリコプターのようにホバリング
(空中停止)もできる。将来は偵察任務に使えそうだという。佐藤文幸技官は「原発事故のような
人が近づけない場所での情報収集にも役立てたい」と話している。

(2011年10月20日11時49分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20111020-OYT1T00536.htm
防衛省が開発した世界初の球形飛行体(20日、日本科学未来館で)
http://www.yomiuri.co.jp/photo/20111020-898269-1-L.jpg

|

« マンションの高圧受電化が進んでいる | トップページ | ディズニーリゾートの客足が戻った。 »

ロボット」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。