« もうなんでもあり(仰天) ゴキブリ発電 | トップページ | トヨタは人工光合成に成功 »

2011年9月19日 (月)

赤外線太陽光電池を開発の記事

これです。以下転載

>光の吸収率が従来のシリコン製の100倍以上の太陽電池を、岡山大大学院自然科学研究科の
池田直教授のチームが「グリーンフェライト(GF)」と名付けた酸化鉄化合物を使って開発
している。

 この太陽電池はこれまで吸収できなかった赤外線も発電に利用できる可能性がある。池田教授は
「赤外線は熱を持つものから出ている。太陽光以外に、火を扱う台所の天井など家中、街中の排熱
でも発電できるかも」としており、2013年の実用化を目指す。

 GFは粉末状で、土台となる金属に薄く塗る。1キロワット発電する電池を作るコストは約千円
が目標で、約100万円かかる従来のシリコン製に比べて大幅に安い。パネル状になっている
従来型では難しい曲げ伸ばしができ、煙突や電柱に巻き付けるなど設置場所は幅広い。

▽画像:酸化鉄化合物「グリーンフェライト」を金属板に吹き付けた太陽電池の試作品
http://sankei.jp.msn.com/images/news/110919/scn11091916400001-p1.jpg
▽産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/science/news/110919/scn11091916400001-n1.htm

|

« もうなんでもあり(仰天) ゴキブリ発電 | トップページ | トヨタは人工光合成に成功 »

環境 新エネルギー」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。