« NEC 家庭用蓄電システムに参入。 | トップページ | 東京国際ブックフェア、本日開催。 »

2011年7月 6日 (水)

超伝導ケーブル

要するに魔法瓶のなかに電線を通すようなものか。見るからに高そう。よほどの大電力でないと割に合わない。現状ではエネルギー密度の低い自然エネルギーに利用なんてとてもとても。記事によれば送電ロスは5%程度とか。これは案外たいしたことはない。

たとえばスイッチング電源やインバータの効率は85%程度。手元に資料がないが、たとえば太陽光パネルで発電した電気を充電器を通して電池に溜めこれをインバータで交流に変換(弱電機器では再度直流低圧に変換)したらどれほどのロスになるのだろうか。

ウチの蛍光灯スタンドの力率を計ってみたらこれが0.7。モータなどでは0.5程度になる。改善すべきところは多々。

超伝導ケーブル

|

« NEC 家庭用蓄電システムに参入。 | トップページ | 東京国際ブックフェア、本日開催。 »

環境 新エネルギー」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。