« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月22日 (金)

塗る太陽電池が実用化

以下転載
ビルの壁や車のボディーで使える「塗る太陽電池」の実用化のめどが立った。
従来の太陽光パネルでは置きにくかった場所に塗ることができ、量産もしやすい。
2013年春ごろに出回ることになりそうだ。

三菱化学が、光を電気に換える効率が実用レベルの10%を超える試作品づくりに、
世界で初めて成功した。従来のガラス板で挟む結晶シリコンではなく、炭素化合物を使う。
乾いて固まると「半導体」の役割を果たすようになり、配線を施せば、光に反応して電気を起こす。

煙突や高速道路の屋根など丸みがある物のほか、衣服など曲がる素材に対応できる。
通常の太陽光パネルはガラス込みで厚さは数センチ必要だが、この方式だと1ミリ弱で済む。
重さも同じ面積なら、結晶シリコン系の10分の1未満に抑えられるという。

塗る太陽電池は、変換効率が課題とされ、世界中で開発が競われてきた。三菱化学は成分や
構造を見直し、変換効率10.1%と10%超えに成功。結晶シリコン系の約20%には及ばないが、
薄型として市販される膜状シリコン系の太陽電池の水準に追いついた。
http://www.asahi.com/eco/TKY201107190319.html

| | コメント (0)

2011年7月17日 (日)

北九州市内10万戸停電

文句があるんなら電気止めてやる!(笑)

関連記事

| | コメント (0)

2011年7月16日 (土)

オオマサガス、これは不思議

水を電気分解すれば水素と酸素ができるのはわかるが、これを混合して保存して爆発しないのだろうか?電気分解なら安定した電力は必要ない。もれが実用化されるのなら蓄電池はいらないのかも。

オオマサガス

| | コメント (0)

2011年7月15日 (金)

6月マンション発売32.9%減

需要減というより、売れ残りリスクを警戒した各社が発売を控えているもよう。節電ではモデルルームの定休日を増やしたり営業時間を短縮にも関わらず成約率は79.5%と好調。本格回復は9月の連休以降と見られている。

上期マンション発売9.8%減

| | コメント (0)

2011年7月14日 (木)

バーグラフ表示器がバージョンアップ

やはり雰囲気を盛り上げるには7セグ表示よりもバーグラフ。レスポンス性能が向上しました。レベルメータなどにも使えます。連結できますので巨大なバーグラフも製作可能です。どうもカメラが悪くて見た目と違うんですがフロストLEDを使っていますのでこんなにLED光源は目立ちません。シール貼りは失敗しました。

対数表示可、アナログ入力、RS232C入力。「デカデカ7セグ表示器」と併用できます。

デカデカ7セグ電力計

001

| | コメント (0)

2011年7月13日 (水)

豊洲を環境モデル地区に

関連記事です。

豊洲を環境モデル地区に。

| | コメント (0)

2011年7月12日 (火)

Rubyって何だ?

めずらしく日の丸言語。こんなものらしい。

Ruby

| | コメント (0)

2011年7月10日 (日)

次世代原子炉は高温ガス炉か?

原子炉も技術革新が進んでいるもよう。部分的には改良しているのだろうが40年も前の機械を未だ使ってる例はそう多くない。陳腐化もいいところ。

まぁ、電気屋としてはどうにかして発電して「電気ぐらいじゃんじゃん使おうぜ」って気もするけど。

高温ガス炉

| | コメント (0)

2011年7月 9日 (土)

東電、供給余力は22%、楽勝

節電効果は抜群。この供給余力はピーク時の消費電力と最大給電力との差。

関連記事

| | コメント (0)

2011年7月 8日 (金)

丸めることができるLED照明

コニカミノルタが開発。薄型は有機ELではすでにあったがLEDでは画期的。導光板という技術を使う。来年あたりから照明の主流は面発光になりそう。こうした技術をつかって太陽光を室内に取り込むことはできないのか。外光を取り込む為にはガラス窓が必要だが遮熱を考えれば断熱材を使いたい。発展を期待。

日経関連記事

| | コメント (0)

2011年7月 7日 (木)

東京国際ブックフェア、本日開催。

ネット広告が正解か? 惰性でやってるとしか思えないイベント。何かサプライズがないと。

東京国際ブックフェア

| | コメント (0)

2011年7月 6日 (水)

超伝導ケーブル

要するに魔法瓶のなかに電線を通すようなものか。見るからに高そう。よほどの大電力でないと割に合わない。現状ではエネルギー密度の低い自然エネルギーに利用なんてとてもとても。記事によれば送電ロスは5%程度とか。これは案外たいしたことはない。

たとえばスイッチング電源やインバータの効率は85%程度。手元に資料がないが、たとえば太陽光パネルで発電した電気を充電器を通して電池に溜めこれをインバータで交流に変換(弱電機器では再度直流低圧に変換)したらどれほどのロスになるのだろうか。

ウチの蛍光灯スタンドの力率を計ってみたらこれが0.7。モータなどでは0.5程度になる。改善すべきところは多々。

超伝導ケーブル

| | コメント (0)

2011年7月 5日 (火)

NEC 家庭用蓄電システムに参入。

他社の半額ぐらい。ピークカットにも緊急な停電時のも有効とか。しかし、突っ込んでみると、ピークカットで昼間放電してしまって夜停電したらどうなるのか?なんでも電気で動いてる世の中だから停電は本当に困る。優先順位なら夜照明が付かなくなれば世の中真っ暗。それから、高層建築でエレベータが動かないというのも最悪。蓄電池は繰り返し充放電を繰り返す用途には便利だが自己放電も大きい。非常はめったにないから非常。非常用にはむしろ高出力の使い切り乾電池は使えないものだろうか?

NEC 家庭用蓄電池に参入

| | コメント (0)

2011年7月 4日 (月)

波力発電はものになるか?

モロモロ研究はしているようですが、これっていうものがない。まぁ地道に進んでいくしかないわけだが。

高効率ジャイロ式波力発電

| | コメント (0)

2011年7月 2日 (土)

光センサー S9684-100NOの実験

S9684-100。補正用フォトダイオードを用いて可視光のみに感じる仕組み。照度の単位はLUX(ルックス)これは可視光補正済みの値。

大チョンボ!。前投稿は大間違い。照度と電流は両対数。ムチャクチャ感度が高くで光学フィルターで照度を落とさないと直ちに飽和。

デカデカ表示器

Img_0005_001

| | コメント (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »