« 乃村工藝社、2012年2月期連結純利益61%増 | トップページ | 気分はシーベルト、心はベクレル。 »

2011年6月14日 (火)

雪冷房システム

豪雪地帯でやっかいものの雪を夏場の冷房に使おうというもの。ただ、北国では冷房が必要な期間は限られているし、かといって猛暑が続く東京で使うとなれば設置場所の確保など難題も多い。そこでどうだろうか、列車の冷房に使うのは。雪は積雪地帯で夏まで保管し、これを満載した車両を連結する。カートリッジ式だから互換性のある車両に連結が可能。輸送と同時に冷房ができる。帰路、空荷が無駄なら貨物輸送にも使えそう。

もう電気足りないんだから使えるものならなんでも使う。

雪冷房システム

|

« 乃村工藝社、2012年2月期連結純利益61%増 | トップページ | 気分はシーベルト、心はベクレル。 »

環境 新エネルギー」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537841/51939298

この記事へのトラックバック一覧です: 雪冷房システム:

« 乃村工藝社、2012年2月期連結純利益61%増 | トップページ | 気分はシーベルト、心はベクレル。 »