« マンション異変 超高層、湾岸は敬遠 | トップページ | 世界初、溶融塩電解液電池を開発。 »

2011年5月22日 (日)

丸紅が「節電マンション」を販売

日経の記事。丸紅は電力不足長期化に備えて「節電マンション」(世田谷)の販売を始める。太陽光発電装置は10KW。屋内照明で野菜を栽培できる設備をそなえカーシェアリング用EV一台を常備。今後は蓄電池も設置し、計画停電の際にも自動ドアやエレベータが止まらないマンションの建設も検討するという。

ここまでくると「節電マンション」といより「サバイバルマンション」、水を電気分解して酸素もつくればもう「核シェルター」、昔読んだSFにあったような。たしかハッピーエンドじゃなかったけど。

|

« マンション異変 超高層、湾岸は敬遠 | トップページ | 世界初、溶融塩電解液電池を開発。 »

環境 新エネルギー」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。