« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月23日 (水)

2月首都圏マンション 発売戸数24%増

計画停電もあってイベントは厳しそうだが、マンション販売に影響はなさそう(不動産経済研究所)

関連記事

| | コメント (0)

2011年3月20日 (日)

新型原発、これは使えそう。

詳しいわけじゃないが、福島原発40年も前のものってちょっとね。

やっぱ、落ち目日本の一発逆転なら核融合炉開発かな。国家プロジェクトにしたらいい。ハズレたらますます貧乏国に落ちぶれて世界の笑い物だが、開発ってそういうもんだよ。リスクとらなきゃ。

新型原子炉

| | コメント (0)

2011年3月19日 (土)

ディズニーランド当面休園

パーク内の施設、アトラクションなどに大きな被害はなく点検済み。埋立地ではあるが深く地盤改良を行っているとのこと。電力供給や交通機関が安定するまで再開は困難とのこと。

キッザニア東京は10時~4時、富士急ハイランドは9時~5時、よみうりランドは9.5時~5時で営業、以上日経

| | コメント (0)

2011年3月18日 (金)

渋谷電力館リニューアルオープンは無期限延期

残念、でも仕方ないか。

電力館からのお知らせ

| | コメント (0)

2011年3月16日 (水)

原発関連

2CH、ニュース速報板より転載。だそうです。

★福島原発の事故、米NRCが20年前に警鐘-非常用発電機にリスク

  東日本大震災で東京電力福島第一原発に起きた事故について、20年前に警鐘を鳴らしていたリポートがある。
米国の原子力規制委員会(NRC)による「NUREG-1150」だ。

  それによると、地震発生時に炉心溶融につながる事故の例として、
原子炉を冷却するため水を外部からくみ上げるポンプを動かす非常用ディーゼル発電機の破損や停電、
貯水タンクの故障などによる冷却機能不全が高い確率で起こると指摘していた。

  今回の事故は、福島第一原発の原子炉6機のうち運転中だった1、2、3号機は地震の揺れを感知して
運転を自動停止したが、非常用ディーゼル発電機が作動せず、冷却ができない状態になった。
日本政府は、経産省原子力安全・保安院が04年6月に公表した
「リスク情報を活用した原子力安全規制の検討状況」という資料で、このリポートも紹介している。

  元日本原子力研究所研究員で核・エネルギー問題情報センターの舘野淳事務局長は、
リポートが提示したリスクへの対応策について、「東電は学んでいなかったのだろうか」と指摘、
「天災が1000年に一度や想定外といった規模であったとしても、そんな言い訳は許されない」と述べた。

  東電の広報担当、元宿始氏は当社がそのリポートを認識していたかどうか直ちには確認できない、と述べた。

  原発は、原子炉圧力容器内で燃料が核分裂する熱で蒸気を発生させ、タービンを回している。
緊急停止した際には、高温になっている燃料を冷やすため冷却水を注入して冷やす。
冷却に失敗すると、炉内の温度が上昇し、核燃料自体が溶け出す「炉心溶融」に陥る危険がある。

Bloomberg http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90920000&sid=a.lK3UI3LjpM
前スレ http://ninja.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1300252586/

▽関連リンク
●NRC: Severe Accident Risks: An Assessment for Five U.S. Nuclear Power Plants (NUREG-1150)
 http://www.nrc.gov/reading-rm/doc-collections/nuregs/staff/sr1150/

| | コメント (0)

2011年3月12日 (土)

すごい地震でした。

幸い当方は被害ありませんでしたが、皆さま、いかがでしたか?

二ユースによれば東北はかなり酷いようです。

| | コメント (0)

2011年3月11日 (金)

REITが急反発

不動産市況はまだまだ盛り上がりそう。建築模型関係はパニック状態。

関連記事

| | コメント (0)

2011年3月 8日 (火)

分譲マンションは絶好調

都心部は前年同月比3.6倍。ただ、戸建て、賃貸は減少。そろそろ、ミニブームは沈静化なのかも。

関連記事

| | コメント (0)

2011年3月 3日 (木)

渋谷の電力館がリニューアル

これは見どころ満載。デートスポットだね。

関連記事

| | コメント (0)

2011年3月 2日 (水)

環境が満載

本日開催。

ビッグサイト

| | コメント (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »