« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月16日 (水)

カネカ 有機ELパネルを発売

用途しだいだろうけど一枚二万円はまだ高い。

カネカ 有機ELパネル

| | コメント (0)

2011年2月15日 (火)

初回は安いが・・・

出来上がるまでいくらかかるんだろ? どうも耐久性に問題がありそうで展示品には厳しそう。

週刊ロボット

| | コメント (0)

人型ロボット、宇宙へ(動画有り)

だそうです。

関連記事

| | コメント (0)

2011年2月 3日 (木)

女性と仕事の未来館閉鎖される

良いことなのか、悪いことなのか?

関連記事

| | コメント (0)

2011年2月 1日 (火)

ドームシティは痛手。

*自動機に過度に依存するのも問題だが、やはりロックを確認する仕掛けは必要。機械も間違うが人間も間違う。やまち間違った場合は止まる方向で制御しないと。
東京都文京区の東京ドームシティアトラクションズで、コースターから羽村市の会社員倉野内史明さん(34)が転落し、死亡した事故で、
安全バーのロック確認を担当していた女性アルバイトが警視庁の事情聴取に
「日ごろから手で確認していなかった」と説明していることが1日、
捜査関係者への取材で分かった。
近くの管理室にいた女性契約社員もロックの未確認を把握していたとみられ、
同庁捜査1課は安全意識が不足していたとみて、業務上過失致死容疑で、
東京ドームのアミューズメント部などを家宅捜索し、指導体制などの
実態を調べる。
捜査関係者によると、倉野内さんは先月30日午後、友人の男性らとともに
コースターに乗車。バーをロックが利く角度まで下ろせず、走行中に
投げ出されて転落し、内臓損傷で死亡した疑いがある。
東京ドーム側は手によるロック確認を指導し、バーが使用できない客は
乗車を断るとしているが、20代の女性アルバイトは事情聴取に
「日ごろから手で確認していなかった」と説明。目視だけで発進させていた。
コースターの管理室で全体の安全を監視する役割だった女性契約社員も、
ロックの未確認を知っていたとの趣旨の説明をしているという。

*+*+ jiji.com 2011/02/01[06:45:58] +*+*
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2011020100043

| | コメント (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »