« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月21日 (火)

来年首都圏マンション販売 5万戸を回復。

動画付きです。

関連記事

| | コメント (0)

2010年12月19日 (日)

続、中国ガンダム(かなりカッコイイ)

「機動戦士ガンダム」にそっくりなロボットの巨大立像が中国四川省成都市の遊園地に登場。本物と違って金色だが姿形は酷似。
著作権侵害の疑いがあり、ガンダムの版権を管理する日本の会社は調査を始めたが、遊園地は「模倣ではなくオリジナル」と強弁している。

成都市郊外の遊園地「国色天郷楽園」で、像は高さ15メートルほど。金属枠にナイロン布を張ってつくられ、ほぼ完成。
夜間はライトアップして像を光らせるようになっており、園によるとクリスマスに向けて半年前から建設を進めていた。

顔つきや体格、細部もガンダムそっくり。東京・お台場や静岡市に登場した高さ18メートルのガンダム像をほうふつとさせる。
ガンダムは中国でも一部で人気があり、ネット上で「模倣ではないか」と批判が出ている。
広報担当者は「ガンダムのまねではなく自分たちでデザインを考えた」と主張。
ガンダムの版権を管理する創通は「事実関係を調査中」としている。(共同)

ソース 産経新聞
写真 中国四川省成都市の遊園地に登場したガンダムにそっくりな巨大ロボット立像(左)と「静岡ホビーフェア」で展示された本物の“等身大”ガンダム(C)創通・サンライズ
http://sankei.jp.msn.com/photos/world/china/101218/chn1012181709004-p1.jpg
中国四川省成都市の遊園地に登場したガンダムにそっくりな巨大ロボット立像=16日(共同)
http://sankei.jp.msn.com/photos/world/china/101218/chn1012181709004-p2.jpg
「静岡ホビーフェア」で展示された本物の“等身大”ガンダム=7月24日、JR東静岡駅の北側広場(玉嵜栄次撮影)(C)創通・サンライズ)
http://sankei.jp.msn.com/photos/world/china/101218/chn1012181709004-p3.jpg

| | コメント (0)

2010年12月18日 (土)

日経夕刊、ハコモノ広報館寒風の記事

目立つだけに事業仕分けの格好の標的に。ただ、今のお客は目が肥えているから安易な発想じゃやっぱりダメ。相違工夫があってそれなりの予算をつぎ込んでいるところは、お客来てるもの。

関連記事

| | コメント (0)

2010年12月16日 (木)

ブライダルフェスタ2010は18日、19日。

無料入場券情報あり。

ブライダルフェスタ2010

| | コメント (0)

2010年12月14日 (火)

有機ELは使えそう

関連記事があります。

カネカ

| | コメント (0)

2010年12月12日 (日)

信じられません、中国にガンダムが! (転載)

中国・四川省のテーマパークで、ガンダムを建造中――。こんな話題がネット上を巡っている。
写真を見ると相当巨大な立像で、数人が足場を組んで作業が継続している様子だ。

数年前、別の中国の遊園地でも、人気キャラクターを盗用したのではないかと指摘されたことがあった。
今回も事実だとすれば、関係者にとって見逃せない事態になる。

姿かたちそっくりだが、なぜか全身オレンジ色
「ガンダムっぽい物体」は2010年12月8日、中国滞在経験のあるというブロガーの「百元籠羊」さんのブログで紹介された。
百元さん自身も別の人物から情報を入手したようだが、掲載された写真を見ると、公園のような場所にそそり立つガンダムと思しき立像が、
右下からのアングルで写されている。像の周りには足場が設けられており、数人が作業をしているが、
竹のようなものを組んだだけにも見える不安定さだ。像も、姿かたちはガンダムなのだが、
なぜか全身オレンジ色に塗られており、「本物」とは似ても似つかない。

中国の検索エンジン「百度」には、正面から撮影した写真も併せて掲載されていた。ガンダムの右手親指を動かしている作業者の姿。
像の前には、立看板らしきものもある。何かのイベント用につくられたものかもしれない。

ガンダムの立像といえば2009年、東京・お台場の公園に登場した高さ18メートルのものが記憶に新しい。
イベントの一環でつくられ、大勢の人が見物に訪れた。2010年には、ガンダムシリーズに登場する
キャラクターのプラモデル「ガンプラ」の30周年記念として、静岡にも立像がお目見えした。

http://news.livedoor.com/article/detail/5200165/
画像
http://livedoor.blogimg.jp/boku2ch/imgs/a/0/a01f2c5a.jpg
http://www.narinari.com/site_img/photo/2010-12-10-165146.jpg

| | コメント (0)

2010年12月11日 (土)

プラネタリュームがちょっとしたブーム(フリーソフト付き)

やはり、ハヤブサ効果かプラネタリュームがブームなんだとか。流行りのオマケつき記事

フリーソフト

| | コメント (0)

2010年12月10日 (金)

秋葉原 ホコ天復活

しかし、なんで秋葉原ってメイドばかりなんだ? パソコンオタクがメイド喫茶ってなんか発想が違う気がするけど・・・・

ホコ天復活

| | コメント (0)

2010年12月 8日 (水)

イルミネーションミユージアム

景気悪いんだから、せめて年末ぐらいはド派手に行きましょう!

イルミネーションミュージアム

| | コメント (0)

2010年12月 6日 (月)

困ったもんです。

*買いだめはしてあるんですが、タバコどうしますかねぇ。もう、高くて買えないよ。安い密輸品があるらしいがどこで売ってるかわからない。以下、転載。

刻みたばこの売り上げが伸びている。10月の増税による値上げ幅が紙巻きたばこより随分小さかった影響らしく、
日本たばこ(JT)の生産が追いつかないほど。京都では刻みたばこをたしなむ学生も現れ、きせるの売れ行きも好調だという。【五十嵐和大】

 現在、国内で市販されている刻みたばこはJTの「こいき」(10グラム入り)だけ。紙巻きたばこは10月に3~4割程度上がったが、
こいきは税率の違いから330円から30円の値上げにとどまった。

 JTによると、こいきは同社の全たばこ生産量の0.1%にも満たない。しかし、10月以降、紙巻きとは対照的に需要が衰えず、
製造工程のほとんどが手作業ということもあって供給が追いつかない状態だ。

 販売元の「日本たばこアイメックス」(東京)は具体的な販売量を明らかにしていないが、1
0月末から小売店に卸す数量を1日2カートン(20箱)に制限。

影響は全国でも5人ほどというきせる職人にも。京都市下京区の谷川清三さん(60)は「値上げを機に、急に若い客が目立ち始めた。
これまでは伝統工芸品としての愛好家か、本当に刻みたばこが好きな人がほとんどだったのに」と話す。刻みたばこの愛好家によると、
刻みのほうが少量で満足度が高い。

 京都市右京区の京都外国語大3年、呉服一穂さん(22)は9月末ごろ、喫茶店で見知らぬ客がきせるの良さを語っているのを聞き、
1万7000円で購入。きんちゃくに入れ、「こいき」の箱と共に持ち歩いている。
手つきは慣れたものだが「キャンパスで取り出すと、まだ少し気恥ずかしい」と話す。

日本たばこアイメックスは「今後の売れ行きをもう少し見ないと、需要予測は立たない」と慎重に話す。

毎日新聞 刻みたばこ:人気急上昇…値上げ幅小さく、若者にもブーム
http://mainichi.jp/select/today/news/20101206k0000e040066000c.html
画像 ぷかぷかぷか。日本の伝統文化に触れられるきせるが人気!喫煙所できせるを楽しむ大学生=京都市右京区で、望月亮一撮影
http://mainichi.jp/select/today/news/images/20101206k0000e040076000p

| | コメント (0)

エコプロは9日より11日まで

日経、それにしても今年はイベントの話題が少なかった。やはり空洞化の影響なんだろうか。

エコプロ2010

| | コメント (0)

2010年12月 3日 (金)

NASAに騙された。

宇宙人の記者会見をやると言っていなのに・・・・

関連記事

| | コメント (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »