« 横浜開国博の後始末、泥沼化? | トップページ | 清水建設新本社ビルにマイクログリッド »

2010年5月11日 (火)

チィーチングマシンが完全復活

かってロボット制御などで威力を発揮した幻の名器?ティーチングマシンが完全復活。

Img_0002_001 ロボットなどの振付を手動で行い、これを記録し再生するもの。表情など細かい動きをプログラムで行うのは大変。今回は書き込み機分離型とし、予算と持ち運びの利便性を考えてオムロン新発売(NVシリーズ)の3インチタッチパネルを使った。

Img_0003_002_2

やっぱり小さい気はする。ただ、予算さえあればタッチパネルはなにかと便利。

ただ、実はまだ完成していない。近日中にはデモができるようにしたい。

|

« 横浜開国博の後始末、泥沼化? | トップページ | 清水建設新本社ビルにマイクログリッド »

オリジナル基板」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。