« 事業仕分け 先端科学失速の危機 | トップページ | 盛り上がらないな、上海博 »

2009年11月23日 (月)

リチューム硫黄電池はリチュームイオン電池の5倍の容量。

日経11月23日

大阪府立大学ではリチュームイオン電池の5倍の容量を持つリチューム硫黄電池を試作。経済産業省では2030年までに蓄電池の性能を現在の7倍に引き上げることを目標に掲げるているという。(現在のガソリン車並みの走行距離を達成)。でもそれだったら、事業仕分けはなぁ・・・

リチューム硫黄電池

|

« 事業仕分け 先端科学失速の危機 | トップページ | 盛り上がらないな、上海博 »

環境 新エネルギー」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。