« あの中村教授が三菱化学とタッグ | トップページ | 水族館 人工海水で »

2009年9月14日 (月)

業務連絡

PIC基板は主にPLCのサブコントローラとして使っています。現在、制作済みのソフトウエアは

○調光型流れ点滅(フワリ、フワリと流れます)
 ボリュームで速度調整、反転可。
○ダイセン電子工業MP3基板用RS232Cコントローラ
 8入力、内照用オープンコレクタ出力
○入力8CH、優先入力、タイマー(時間はボリユームで可変)
○出力5CH 低周波発信器 (発信周波数はボリームで可変)最大1KHZ
○5CH 8bitA/D変換 データをPLCに取り込めます。
 ただし、取り込みに20mSかかります。
○6チャンネル LED調光。PLCからコントロールできます。

です。なかなか具合いいです。詳しくはメールにて。

|

« あの中村教授が三菱化学とタッグ | トップページ | 水族館 人工海水で »

オリジナル基板」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。