« 上海万博カウントダウン(2010年5月) | トップページ | パイオニアに公的資金 »

2009年4月21日 (火)

蛍光灯をパッと付ける

問い合わせが多いのがコレ。「蛍光灯のように」という形容詞はトロイとかレスポンスが遅いといった意味で、チカ、チカ、チカ、パ、っとなるわけでしょ。それがイヤだと。

パッというのも困った話で、パッっと何秒? 1S? 0.5S、0.01S?なの?とか。「じゃあ0.28Sにしてくれ」とか言われても又こまる。高速度撮影かなんかすれば点灯時間の時間の測定はできるはずですが機材も予算もない。で、文学「見た目に違和感がない程度に」。

たしかにチカチカはうっとうしいが1Sでもいいんじゃないの?と。ただ、二カ所同時に点灯させたりすると遅れは目立つ。

結論として一般用途なら電子点灯管、もう少し早くしたいのなら電子スタータかインバータ、それよりも早いレスポンスを求めるのであれば調光用FLと。まあ、こんなところですか。

|

« 上海万博カウントダウン(2010年5月) | トップページ | パイオニアに公的資金 »

環境 新エネルギー」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537841/44747507

この記事へのトラックバック一覧です: 蛍光灯をパッと付ける:

« 上海万博カウントダウン(2010年5月) | トップページ | パイオニアに公的資金 »