« 振動力発電はモノになるか? | トップページ | 流れ点滅基板 »

2009年4月14日 (火)

スマートグリッドに390億ドル

スマートグリッドとは電力版インターネット。勿論、双方向で買電、売電ができる。分散型エネルギー(ペンキ状の太陽光発電も研究されている)を効率的に利用するには必須のインフラ。オバマ政権は390億ドルを投入する予定だという。

アメリカの大統領はオバマだが日本の首相はオバカ。KY=漢字読めない。その首相の支持率が上がってるのだと聞く。敵失もあるかも知れないが、首相になる最低限の資格、(二人の前首相を思うに)””やる気”・・・・首相やりたいんだからオレにやらせてくれ、と。結局、最後はコレですか。

振動力発電

|

« 振動力発電はモノになるか? | トップページ | 流れ点滅基板 »

環境 新エネルギー」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537841/44665519

この記事へのトラックバック一覧です: スマートグリッドに390億ドル:

« 振動力発電はモノになるか? | トップページ | 流れ点滅基板 »